※当サイトには広告・プロモーションが含まれています
スペア

【ボウリング】1番ピン2番ピン8番ピンのスペアの取り方

ボウリングの1番ピン2番ピン8番ピンのスペアの取り方解説。フックボールとストレートボールのコースを確認しよう。レーンコンディションをつかめている場合、つかめていない場合で投げるボールやコースが変わる。確実にスペアを取るコースに投げよう。
ボウリング用品

ボウリングテープのカットの仕方

ボウリングテープのカットの仕方の説明。ロールタイプの魅力は、プレカットに比べ安価なことと自分の好きな幅と長さにカットできること。実際に、カットした写真を載せているので、カットする目盛りなども参考にしてみよう。
お知らせ

『200アップボウリング』ブログの便利な使い方(パソコン)

『200アップボウリング』ブログをパソコンでみるときの便利な使い方を紹介。キーワードで検索する(タグ検索)で、ピンの番号を選ぶことでスペアの取り方の記事を絞ることができる。その他の方法も含め、便利な使い方を確認しておこう。
スペア

【ボウリング】1番ピン2番ピン4番ピン7番ピンのスペアの取り方

ボウリングで1番ピン2番ピン4番ピン7番ピンのスペアの取り方。予想よりボールが返ってこない速いレーンで失投したときに残る。ピンが4本あり、ボールで2本を確実に倒しておきたいので1番ピンと2番ピンの間を狙うようにしよう。
ボウリング映像

【ボウリング動画15】レーンが読めないまま粘りの200アップ

ボウリング動画15では、うまくレーンが読めず狙い通りに投げられないときでも200アップをする方法。200アップに必要なのは、ストライクが出ないときに心が折れないようにすること。スペアで粘ることを覚えよう。
スペア

【ボウリング】1番ピン3番ピン6番ピンのスペアの取り方

ボウリングで1番ピン3番ピン6番ピンのスペアの取り方を覚えよう。1番ピンと3番ピンの間か(ストライクコース)、1番ピンの左側(裏ストライクコース)に投球することでスペアを取ることができる。おすすめの投球コースは1番ピンと3番ピンの間。
スペア

【ボウリング】6番ピン10番ピンのスペアの取り方

ボウリングの6番ピン10番ピンスペアの取り方を覚えよう。6番ピンの左側にボールを当てて取るコースもあるけど、6番ピンと10番ピンの間を狙うほうが確実にスペアが取れる。スペアを狙うときは、1本でも多くボールで倒すコースを選ぶことが大事。
スペア

【ボウリング】3番ピン6番ピン10番ピンのスペアの取り方

ボウリングの3番ピン6番ピン10番ピンのスペアの取り方は、3番ピンと6番ピンの間か、3番ピンの左側に投げるとスペアを取ることができる。ボールで1本でも多くのピンを倒したいので、3番ピンと6番ピンの間を狙う投球を練習しておこう。
スペア

【ボウリング】4番ピンのスペアの取り方

ボウリングの4番ピンのスペアの取り方を覚えよう。4番ピンのスペアの難易度は低い。ボールを曲げて取ることもできるけど、スコアアップを狙うならスペアボールを使ったストレートボールで確実にスペアを取る練習をしておきたい。
スペア

【ボウリング】6番ピンのスペアの取り方

ボウリングの6番ピンのスペアの取り方を覚えよう。1投目に失投したときに残る6番ピンは、確実に取っておきたいスペア。ボール2個分とピン1本分の幅に狙えば取れるスペアなので落ち着いて投げるようにしよう。