曲がらないレーンのストライクコース攻略

曲がらないレーンのストライク攻略ストライク

今回は、曲がらないレーン(速いレーン)のストライクコースについて。

ボウリングの奥の深さの1つはレーンコンディション。曲がるレーン(遅いレーン)と曲がらないレーン(速いレーン)で投球フォームを変えてしまうと投球が安定しません。投球フォームを変えるのではなく、投球するコースを変えるようにしましょう。


曲がらないレーンとは


曲がらないレーンとは、オイルが厚く塗られているレーンで「速いレーン」とも言われています。曲がらないレーンは、オイルが厚く塗られていることで摩擦係数が下がりボールの球速も上がります。

曲がらないレーンは、ピンに対し角度をつけにくいのでストライクが出にくいレーンでもあります。オイルが厚い、あるいは外までオイル塗られているレーンは、ボールが滑りやすいく8番ピン10番ピン(エイトテン)や5番ピン10番ピンなどのスプリットが残りやすいので注意が必要です。

できるだけ1番ピンに角度をつけて厚めを狙いましょう。


ボウリングのレーンコンディション

ボウリングの難しさでもあり奥の深さでもあるレーンコンディション。

レーンにはオイルが塗られていますが、オイルの状況によってレーンコンディションは別物になります。普段ボールが大きく曲がる人も速いレーンだと曲がりが小さくなり、逆に普段は少ししか曲がらない人も遅いレーンだと大きく曲がることもあります。

レーンコンディションをいかに早くつかみ対処できるかを意識して投球してみましょう。


曲がらないレーンのストライク攻略


  1. 1番ピンに厚め(に見える)コースを投球する
  2. 外から角度をつけた投球をする
  3. 無理に曲げようとせずしっかりとボールを前に押し出す


曲がらないレーンストライク攻略のポイントは、ピンに角度をつけて普段より厚めを狙うこと。


1番ピンに厚め(に見える)コースを投球する


曲がらないレーンでは、自分が思っているよりもピンの手前でボールが入っていないことがあります。1番ピンに対し、狙っているよりも薄めに当たっていないかを投球しながら確認しましょう。


外から角度をつけた投球をする


曲がらないレーンでは、ピンの手前でボールの角度をつけるのが難しく、普段よりも角度をつけて外から投球することも視野に入れましょう。

曲がらないレーンではオイルも厚めに塗られているため、普段よりもボールが滑り球速が上がります。球速が上がれば普段よりさらにボールが曲がらないので、勇気をもって外から投球するのがコツです。


無理に曲げようとせずしっかりとボールを前に押し出す


曲がらないレーンを攻略するとき、普段よりも手を回したり、指にひっかけたりして、普段通り曲げようとする人がいますが、レーンコンディションが違うので、フォームを変えて投球するよりも、曲がらないレーンのコースを投球するようにしましょう。

どうしても曲げたい場合は、球速を落とすことでボールが曲がりやすくなるので試してみましょう。ただし、ボールはしっかりと前に押し出すことが重要です。弱い球ではピンが残りやすくなるので、しっかりと投球しましょう。


曲がらないレーンでストライクを狙うときに注意すること

  1. 無理に曲げようとして変な癖をつけない
  2. ボールが弱いとスプリットが出やすい


曲がらないレーンストライクを狙うときに注意しておくことは2つ。


無理に曲げようとして変な癖をつけない

レーンコンディションは刻々と変化します。

投げる日、投げる時間、投げるレーンによっても、レーンコンディションは違います。投げている間にもレーンコンディションは変化していくので、レーンコンディションにあわせて無理に曲げようとするなどの無理なフォームで投げることはおすすめしません

変な癖がつかないよう、フォームはできるだけ変えずに投げるコースを変えることを意識しましょう。


ボウリングは投げるコースを考えることが大事

ボウリングは、投げるコースを考えることが重要です。

いくつも取り方があるなら、より確実にストライクやスペアを取ることができるコースを選ぶことが大事です。レーンのコースについて考えるとき、3-6-9理論や2-4-6理論は参考になることも多いので、投球コースについて詳しく知りたい人は確認しておきましょう。

>>ボウリング3-6-9理論を使ってスペアを取ろう

>>ボウリング2-4-6理論を使ってスペアを取ろう


ボールが弱いとスプリットが出やすい

レーンにオイルが厚めに塗られていると、氷の上を滑るような感じでボールが滑ります。

普段よりもボールが滑るので、普段残らないようなスプリットも残りやすくなるので注意が必要です。球が弱い(ボールが滑っている)人が残りやすい、8番ピン10番ピン(エイトテン)や5番ピン10番ピンなどのスプリットも残りやすくなるので、外から角度をつけてしっかりと投球しましょう。


曲がらないレーンのストライク攻略のまとめ


曲がらないレーンストライクを取るためには、しっかりと角度をつけてピンが残りにくいコースを投げることが重要です。

曲がらないレーンのストライク攻略のまとめで復習しておきましょう。


曲がらないレーンのストライク攻略

  1. 1番ピンに厚め(に見える)コースを投球する
  2. 外から角度をつけた投球をする
  3. 無理に曲げようとせずしっかりとボールを前に押し出す


曲がらないレーンで注意すること

無理に曲げようとして変な癖をつけない
ボールが弱いとスプリットが出やすい


コメント

タイトルとURLをコピーしました