※当サイトには広告・プロモーションが含まれています

【ボウリング】2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの取り方

【ボウリング】2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの取り方スペアの取り方

ボウリング2番ピン4番ピン5番ピンスペアの取り方を覚えよう。

1投目にポケットに薄めに入ったときに残るピン。ピンが固まっているので簡単そうに見えるけど、5番ピンを残しやすいので注意しよう。

今回は、2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの取り方について。


【ボウリング】2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの取り方

ボウリング2番ピン4番ピン5番ピンスペアの取り方。

1投目に1番ピンの右側に薄く当たったときに残る2番ピン4番ピン5番ピン。簡単そうに見えてミスをしやすいスペアなので注意が必要だ。


2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの難易度

【ボウリング】2番ピン4番ピン5番ピン


ボウリングの2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの難易度は中級。

対角線上にずれてフックボールでスペアを狙うこともできるけど、確実にスペアを取るならスペアボールで狙うのがおすすめ。レーンの曲がりが読めていないときは、5番ピンを残しやすいスペアなのでスペアボールでしっかり狙おう。


2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの狙い方(1)

【ボウリング】2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの取り方


【ボウリング】2番ピン4番ピン5番ピンの狙い方(1)スペアボールコース


ボウリングの2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの狙い方は、2番ピンと5番ピンの間か、2番ピンと4番ピンの間を狙います。どちらでもスペアを取ることができるので投球しやすいコースを選択しよう。

フックボールで投球するときは、1投目よりも右側に立ち位置を移動します。

ストレートボールで投球するときは、対角線上に立って2番ピンと5番ピンの間をまっすぐ通すラインに投球しよう。

1投目に外に膨らませて投球する癖がある人は、ボールを膨らませないように注意が必要だ。2番ピン4番ピン5番ピンのスペアはレーンの真ん中を使う。外を使うときとボールの曲がりが違うので、直線で狙えるなら直線的に狙うようにしよう。


2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの取り方(動画)

ボウリングの2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの取り方の動画。

フックボールでもストレートボールでも取ることができるけど、ミスをしにくいコースを選択することを意識しよう。2番ピン4番ピン5番ピンのスペアを狙うとき、ボールの回転などの破壊力は必要ないので、スペアボールで直線的に狙うほうがミスのリスクが減る

もし、スペアボールを持っているなら、スペアボールでスペアを取る練習をしておきたい。


【ボウリング】2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの取り方(1)~スペアボール~

【ボウリング】2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの取り方(1)~スペアボール~


2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの狙い方(2)



2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの取り方(動画)2


ボウリングの2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの取り方(まとめ)

【ボウリング】2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの取り方


ボウリング2番ピン4番ピン5番ピンスペアの取り方のまとめ。

2番ピン4番ピン5番ピンは、1投目に1番ピンに薄く入ったときに残りやすいピン。パッとみた感じ簡単そうに見えるかもしれないけど、フックボールで狙うときは5番ピンが残りやすくなるスペアなので注意しておこう。

スペアボールで狙うときは、ボールを膨らせるコースに投球しないように意識しておくことが重要だ。


2番ピン4番ピン5番ピンのスペアのポイント

  • 2番ピンの両サイドどちらかに当てると取ることができる
  • スペアボールで取れるなら直線的に投球する
  • フックボールのときは5番ピンが残らないよう注意


本格的にボウリングを始めるなら道具を揃えてみよう

ボウリングを趣味として続けるなら、早めに必要な道具をそろえておくのがおすすめ。

とくに、ボウリングシューズはレンタルすれば毎回お金がかかる。安価なボウリングシューズも発売されているので、年に何回もボウリングに行くならマイシューズを買っておこう。


ボウリングシューズ(マイシューズ)

ボウリングのマイシューズ>>はじめてのボウリングシューズの選び方


ボウリングテープ

ボウリングテープについて>>【ボウリング用品】テープは用途で使い分けよう


ボウリングのスペアボール

おすすめのボウリングスペアボールについて>>スペアボールおすすめ5選



タイトルとURLをコピーしました