【ボウリング動画14】1ミスダブル止まりで200アップ

【ボウリング動画14】1ミスダブル止まりで200アップするにはボウリング映像
スポンサーリンク

ボウリング動画14は、連続ストライクはダブル止まり。

イージーミスもありながら200アップをする動画。ストライクが続かず苦戦する動画から、ストライクが続かないときでも200アップするヒントをつかんでみよう。


ボウリング動画14の投球動画


ボウリング動画14は、はじめて4K動画にて撮影

いつもより鮮明にボールの回転が見える。200アップをするのに苦戦はしている上にコントロールもいまいちだけど、投球フォームは比較的安定していたゲーム。


ボウリング動画14のレーンコンディション

ボウリング動画14のレーンは速いレーン。

なかなかレーンを読めないままゲームを進める流れ。6フレーム目で致命的なミスをしてからがボウリング動画14の見どころだ。


ボウリング動画14の投球動画を観る

ボウリング動画14を観てみよう。


ボウリング動画14の投球解説

ボウリング動画14の投球解説。

ボウリング動画14を観ながら解説を読み進めて200アップのヒントをつかんでみよう。ボウリング動画14の動画の補足に細かい説明をしているので、説明を見た上でもう一度ボウリング動画14を観ると理解が深まると思う。


1フレーム2フレーム

1フレームはストライク。

2フレーム目1投目は奥でボールを外に出してしまいボールが戻ってこない失投。1番ピン・2番ピン・4番ピン・8番ピンを残す。2投目はスペア。


3フレーム

3フレーム目はスペア。


1投目

2フレーム目の失投を嫌い、厚めに投球。狙いより内側に投球するインスパット。4番ピン、7番ピンを残す。


2投目

曲がるボールを使って曲がりを確認するスペア。自分が思っているより速いレーン


4フレーム

3フレーム目の1投目で1番ピンに厚めに投球してしまったので、今回はポケットの薄めを狙う投球。ピンアクションに助けられストライク。


5フレーム

投球を修正し、5フレーム目にして狙い通りのストライク


6フレーム

6フレーム目はオープンフレーム。


1投目

思っていたより球速があり、ピンが上に飛びあがってしまう。


2投目

真ん中あたりのオイルが奥に伸びていることに気づかず投球。レーンコンディションをつかめていないときはスペアボールを選択しておくほうが無難かも。


7フレーム

速いレーンなので外から角度をつけて投球


8フレーム

外から投球することになれていないため、インスパットでど真ん中に投球。

よもやスプリットになりそうなコース。ボールをしっかりと押し出せていたため厚めに強い投球だったのでラッキーなストライクに。


9フレーム

200アップをするためには9フレームの10番ピンスペアは重要

スペアを取ったことで200アップにぐっと近づく。


1投目

ポケットに放り込む投球をするも10番ピンが残った。


2投目

苦手な10番ピンも速いレーンなので、スペアボールを使えば曲がる心配もなく落ち着いて投球できる。


10フレーム

10フレーム目でダブルを出したことで210アップまでスコアを伸ばした。


1投目

厚めの狙い通りのストライク。正面から見ると厚めに入っているように見えるが、速いレーンなのでちょうどいいぐらい。


2投目

2投目もほぼ狙い通りの投球でストライク。


3投目(最終スコア)

最後は内側に投球するインスパットでゲーム終了。


ボウリング動画14をもう一回観る

ボウリング動画14をもう一度観てみよう。


ボウリング動画14のまとめ

【ボウリング動画14】1ミスダブル止まりで200アップするには


ボウリング動画14のまとめ。

ボウリング動画14は、レーンコンディションをつかむのに時間がかかりすぎた。1番ピンに薄め、厚めとなかなかうまく投球できなかった。そんな中、ポイントでダブルを3回出すことでイージーミスを帳消しにして210アップにつなげることができたゲーム。


ボウリング動画14の学び

  • レーンが読めていないときの2投目はスペアボールを使う
  • ミスを最小限にしておけば200アップのチャンスはある
  • 速いレーンでは押し出す縦回転のボールで厚めのストライクを狙う



タイトルとURLをコピーしました