ボウリング3-6-9理論を使ってスペアを取ろう

ボウリング3-6-9理論 ボウリングの知識

ボウリングはスペアを攻略することでアベレージを伸ばすことができます。スペアを狙うときの理論に3-6-9理論があります。ボウリング3-6-9理論を知ることでスペアを取る確率を上げましょう。


【ボウリング】3-6-9理論とは

ボウリング3-6-9理論


3-6-9理論は、スペアを狙うときの基本理論になります。残っているピンに対し、自分の立つ位置を変えて投げる投球方法です。上図のように板を3枚単位で3枚、6枚、9枚と立つ位置を移動します。


3-6-9理論の立つ位置の移動方法


3-6-9理論では、狙うスパットは変えずに自分の立つ位置を変更します。1投目よりも右側のピンを狙うときは、立ち位置を左側に移動します。1投目よりも左側のピンを狙うときは、立ち位置を右側に移動します。


難しく考える必要はありません。板の枚数を3枚ずつ移動するとだけ覚えておきましょう。


自分の立つ位置を、1番ピンを基準に考えます。3番ピンが残った場合は、1番ピンを狙った場所から左に3枚移動します。6番ピンが残った場合は、1番ピンを狙った場所から左に6枚移動します。


2番ピンが残った場合は、1番ピンを狙った場所から右に3枚移動します。4番ピンが残った場合は、1番ピンを狙った場所から右に6枚移動します。


3-6-9理論のピンの狙い方

3-6-9理論のピンの狙い方をまとめましたので参考にしてみてください。



3-6-9理論はフックボールでも有効


ボウリング3-6-9理論はフックボールでも有効です。狙い方は同じで、1番ピンを狙ったコースから板3枚単位で移動します。




3-6-9理論が残ったピンに対して対角に立つ理由

スペアは対角で狙う


7番ピンと10番ピンは特に3-6-9理論は有効です。7番ピンの左側、10番ピンの右側にガターがあるからです。


対角に立つことで、ガターになる可能性が低くなります。レーンを広く使って、スペアを取りやすくするために対角を狙うのです。


10番ピンだけはスペアボールかアングルを変える


10番ピンを狙うときに3-6-9理論で狙うと上図のようなコースでガターになります。右利きボウラーにとって10番ピンが難しいのは、10番ピンは3-6-9理論でスペアが取れない残りピンだからです。


10番ピンを狙うときに、フックボールで3-6-9理論を使うとガターになります。このときに調整する方法としては、ボールを変更するか、狙うスパットを変更します。


一番簡単な対策はスペアボールを使うことです。スペアボールは曲がりにくいボールのため、ストレートボールのコースを使えます。どうしてもボール1個で攻略する場合は、立ち位置とスパットを変更します。


10番ピンだけは、慣れるしかありません。いろいろ試してみて、自分に合うアングルを見つけましょう。


【ボウリング】3-6-9理論のまとめ

スパット番号

ボウリング3-6-9理論のまとめです。1投目にどのスパットを通り、どのようなコースを描いたか覚えておきましょう。


2投目を投げるときに、立つ位置を3枚単位で変更します。狙うスパットは変えずに、立つ位置を変えて投球します。1投目が1番ピンに当たらなかった場合は、基準を1番ピンのコースにしてください。


3-6-9理論

  • 狙うスパットは変えない
  • 自分の立つ位置を移動する
  • 1番ピンを基準にする
  • ずらす板目は3枚ずつ
  • ピンに対し対角に移動する


コメント

タイトルとURLをコピーしました