【ボウリング】フォームを安定させるたった1つのコツ

ボウリングのフォーム ボウリングの知識

今回は、ストライクやスペアにも影響するボウリングの投球フォームについて。


ボウリングでアベレージを上げたいならフォームの安定を意識しよう

初心者の人はボウリングと言えばストライクです。スコアよりもボールを曲げることを練習しているかもしれません。でも、もし上達したいと思っているなら、ボールを曲げる技術だけでは不十分です。


ボウリングの上達には、スペアを取る知識が必要になります。スペアを確実に取ることで、スコアやアベレージが伸びます。いいスコアが出れば、ボールを曲げるだけよりさらにボウリングが楽しくなるのです。


スペアは、狙い方を知っていることでスペアを取る確率を上げることができます。でも、もしあなたがスペアを取る知識があるのにスコアが伸びないのなら、フォームが不安定で狙い通りに投げられていないのかもしれません。ボウリングでアベレージを上げるにはフォームの安定をさせることが重要なのです。


ボウリングのフォームの安定はスコアの安定

ボウリングは、フォームを安定させることが重要です。フォームを安定させることで、スペアの確率を上げることができます。もちろん、フォームが安定すればストライクの確率も上がることにつながります。フォームを安定させることでどのようないい効果があるのかを確認しておきましょう。


ボウリングのフォームの安定がもたらす7つの効果

  • スペアの確率が上がる
  • ストライクが続きやすくなる
  • レーンコンディションを掴みやすい
  • レーンコンディションの変化への対応がしやすくなる
  • スコアやアベレージが上がる
  • スコアやアベレージが安定する
  • マイボールの違いがわかり使いわけることができる


スペアの確率が上がる

フォームが安定することで、スペアの狙い方を覚えるとスペアの確率が上がります。


ボウリングのスペアの狙い方とは、3-6-9理論2-4-6理論などの理論を始めスペアの取り方を知ることです。


ボウリングの3-6-9理論を学ぶ


ボウリングの2-4-6理論を学ぶ


ストライクが続きやすくなる

投球フォームが安定すると、球速やボールの回転が安定します。


レーンコンディションを掴みやすい

自分の思い通りの場所に投球できないときがあると思います。フォームが安定すれば、立ち位置や狙うスパットの調整ができるようになります。


フォームが安定していないと、投球が不安定になります。投球が不安定だと、投げるコースが安定しません。投球が安定すれば、レーンの状況を掴むことに注力できるメリットがあるのです。


レーンコンディションの変化への対応がしやすくなる

レーンコンディションは、常に変化します。投球されるたびにオイルが削られ伸びていきます。1ゲーム目と10ゲーム目では、レーンの状況は少し変わっているのです。


フォームが安定すると、このレーンコンディションの変化に気づくことができます。変化に気づけば、立ち位置や狙うスパットを変えて調整することができるのです。


スコアやアベレージが上がる

フォームが安定すると、同じ投球をすることができるようになります。フォームの安定は、スペアやストライクが続く確率を上げることができます。ミスが減れば、いいスコアが出たりアベレージも上げることができるのです。


スコアやアベレージが安定する

投球フォームの安定は、スコアを安定させることができます。初心者の間は、まぐれでしかストライクが続かないこともあるでしょう。それでも、ミスが減ることで確実にアベレージを安定させることができます。投球フォームを安定させることは、最低スコアを上げることにもつながります。


マイボールの違いがわかり使いわけることができる

投球フォームを安定させることで、球速と回転を安定させやすくなります。球速と回転を安定させることができれば、ボールの違いに気づくことができます。ボールの選択はスコアアップにも影響するので、ぜひ投球を安定させましょう。


ボウリングのフォームを安定させるコツ


次は、ボウリングのフォームを安定させるコツをご紹介します。フォームを安定させるには練習が必要ですが、コツはたった1つ。ボウリングのフォームを安定させるコツは、スイングを安定させることです。


ボウリングのフォームを安定させるたった1つのコツ

  • スイングを安定させる


スイングを安定させるコツ

  • 振り子を使う
  • 脇をしめる
  • 慣れるまでバックスイングは水平にする


振り子を使う

フォームを安定させるには、無理のあるフォームで投げないことが重要です。腕の力に頼ったフォームは、スイングがぶれやすくなります。できるだけ振り子を使って、自然なフォームで投げることを意識しましょう。


脇をしめる

初心者の人で、無理に曲げようと手を左にまわすように投げている人を見ます。脇をしめておくことはフォームの安定には重要です。脇があいていると体と腕にすき間ができるため、スイングが安定しません。脇をしめてスイングすることを意識してみましょう。


慣れるまでバックスイングの高さは水平

無理にバックスイングを高くしようとする必要はありません。振り子を使うつもりでバックスイングは水平ぐらいまで上げてみましょう。バックスイングからリリースまでは、力を入れずに腕をおろすつもりで投げましょう。


ボウリングのフォームを安定させる練習方法

ボウリングに行けないときでも練習ができる方法をご紹介します。ボウリングに限らず、どのスポーツでも地道な練習ができるかどうかが重要です。


ボウリングのフォームを安定させるための練習方法

  • 素振りをする
  • 体幹を鍛える


素振りをする

スイングを安定させることができれば、そこからの修正はさほど難しくありません。ゴルフ好きの人が、素振りをしている姿を見たことがあると思います。ボウリングも同じです。振り子のイメージを掴むまで普段から素振りをすることが重要です。


体幹を鍛える

ボウリングのフォームの安定には、体幹を鍛えることも1つです。体幹を鍛えることで、投球時にバランスを崩すことも少なくなります。投球時にバランスを崩しやすい人は、投球前に準備運動をしてみましょう。体をほぐしてからボウリングをすることで多少バランスを崩しにくくなります。


まとめ

まとめ210111


ボウリングフォームを安定させるたった1つのコツのまとめです。


ボウリングのフォームの安定がもたらす7つの効果

  • スペアの確率が上がる
  • ストライクが続きやすくなる
  • レーンコンディションを掴みやすい
  • レーンコンディションの変化への対応がしやすくなる
  • スコアやアベレージが上がる
  • スコアやアベレージが安定する
  • マイボールの違いがわかり使いわけることができる


ボウリングのフォームを安定させるたった1つのコツ

  • スイングを安定させる


スイングを安定させるコツ

  • 振り子を使う
  • 脇をしめる
  • 慣れるまでバックスイングは水平にする


ボウリングのフォームを安定させるための練習方法

  • 素振りをする
  • 体幹を鍛える


コメント

タイトルとURLをコピーしました