2番ピン

スペア

【ボウリング】2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの取り方

ボウリングの2番ピン4番ピン5番ピンのスペアの取り方。スペアの難易度は中級。フックボールで狙うときは5番ピンが残らないよう注意しよう。スペアボールで狙える人は、スペアボールで直線的に狙うのがおすすめだ。
スペア

【ボウリング】1番ピン2番ピン8番ピンのスペアの取り方

ボウリングの1番ピン2番ピン8番ピンのスペアの取り方解説。フックボールとストレートボールのコースを確認しよう。レーンコンディションをつかめている場合、つかめていない場合で投げるボールやコースが変わる。確実にスペアを取るコースに投げよう。
スペア

【ボウリング】1番ピン2番ピン4番ピン7番ピンのスペアの取り方

ボウリングで1番ピン2番ピン4番ピン7番ピンのスペアの取り方。予想よりボールが返ってこない速いレーンで失投したときに残る。ピンが4本あり、ボールで2本を確実に倒しておきたいので1番ピンと2番ピンの間を狙うようにしよう。
スペア

【ボウリング】1番ピン2番ピンスペアの取り方

ボウリングの1番ピン2番ピンのスペアを攻略しよう。1番ピン2番ピンのスペアは、レーンが読めずノーヘッドになったときに残る。裏ストライクコース(ブルックリン)に投球して確実にスペアを取っておこう。
スペア

【ボウリング】2番ピン8番ピン(インザダーク)のスペアの取り方

ボウリングの2番ピン8番ピン(インザダーク)のスペアを攻略しよう。インザダークは縦に2本ピンが残っているのでストレートボールでスペアを取る難易度は高め。縦に2本のピンが残ったときはフックボールで取るようにしよう。
スペア

【ボウリング】2番ピンのスペアの取り方

ボウリングの2番ピンのスペアの取り方。2番ピンは、ポケットに薄く当たると残りやすいピン。2番ピンのスペアは、確実に取りたいスペアなので狙い方を覚えておこう。
スペア

【ボウリング】2番ピン10番ピン(スプリット)スペアの取り方

ボウリング2番ピン10番ピン(スプリット)のスペアを狙うなら、フックボールで狙うのがおすすめ。7番ピンを狙うイメージで投げてみよう。
スペア

【ボウリング】1番ピン2番ピン4番ピンのスペアの取り方

ボウリングの1番ピン2番ピン4番ピンのスペアの取り方解説。1番ピン2番ピン4番ピンのスペアは、ブルックリンコースに投球する。左ばかりに投げてしまう人はキーピンが1番ピンであることを思い出そう。左側に投げる意識を持たないことで取りやすくなる。
スペア

【ボウリング】1番ピン2番ピン4番ピン8番ピンのスペアの取り方

ボウリングで1番ピン2番ピン4番ピン8番ピンのスペアを取る方法。1番ピン2番ピン4番ピン8番ピンは、レーンが想像より速いときに残るピン。角度をつけてブルックリンを狙おう。レーンコンディションをつかみたい場合はポケットでスペアを取ろう。
スペア

【ボウリング】2番ピン5番ピン(スペア)の取り方

ボウリングの2番ピン5番ピンは、ボールで2本とも倒すことのできる難易度の低いスペア。でも、2番ピンのど真ん中に当たると5番ピンが残ることがあるので注意が必要だ。今回は、2番ピン5番ピンスペアの取り方について。
タイトルとURLをコピーしました