ボウリングの助走と指の抜き方を覚えよう

ボウリングの知識

ボウリングの助走と指の抜き方を覚えましょう。助走を覚えることで、球速を上げ回転数が多い強いボールを投球できるようになるので、伸び悩んでいるときは助走を見直してみるといいでしょう。


ボウリングの助走の基本は4歩助走

ボウリング助走基本は4歩助走です。フォー・ステップ・アプローチと呼ばれる投球法は、無駄のない投げ方です。


ボウリングの4歩助走とは

  • 1歩目:プッシュ・アウェイ
  • 2歩目:ダウン・スウィング
  • 3歩目:バック・スウィング
  • 4歩目:リリース


ボウリングで5歩助走が多い理由

ボウリングの助走は、4歩助走が基本と言われながらも多くのボウラーは5歩助走で投げています。5歩助走が多い理由は、振り子を始めるために最初にボールを前に押し出すプッシュ・アウェイに余裕を持たせることができるからです。プッシュ・アウェイを2歩にすることで、ゆとりのある腕の振り子をつくることができます。


ボウリングの5歩助走とは

  • 1、2歩目:プッシュ・アウェイ
  • 3歩目:ダウン・スウィング
  • 4歩目:バック・スウィング
  • 5歩目:リリース


【ボウリング】助走の説明

ボウリング助走で使っている言葉の説明をしておきます。確認しておきましょう。


プッシュ・アウェイ

1歩目のプッシュ・アウェイとは、ボールを前に押し出すことです。(5歩助走の場合は、1歩目、2歩目になります)



ダウン・スウィング

前に押し出したボールの重みで振り子運動を開始します。腕で振り上げるというよりは重みでボールが落ちてくる感覚です。



バック・スウィング

ダウン・スウィングの勢いで、そのままバック・スウィングに入ります。右腕の力だけで振り上げようとしないでボールの重みとスウィングの勢いで上げるようにします。



※僕の場合は、少しバック・スウィングが高いため2歩でバックスウィングしています


リリース

最後のリリースの1歩は、今までで一番大きな歩幅になります。ファールラインの手前まで足を滑らせて、ボールの重みで一気にボールを前に押し出します。



助走の練習をするときのポイント

慣れるまで、ボウリング助走を考えれば考えるほど手と足が合わなくなります。一度、ステップと腕の振り子のリズムが崩れると、投球がうまくできなくなります。手と足のリズムが合わなくなった時は、一旦アプローチを離れて伸びをするなど気分転換してみることが大切です。


指の抜き方を覚えてボールの回転数を増やそう

助走がうまくできるようになると球速が上がります。球速が上がればボールの曲がりが小さくなります。助走を覚えて球速が上がってきたらボールの回転数を増やす練習をしておくとよいでしょう。ボールの回転数を上げるためには指の抜き方を覚える必要があります。


指の抜き方の感覚を掴むときには、ワンステップスローと言われる投球で練習するといいでしょう。ワンステップスローとは助走をせずに腕の振り子だけで投げる投球方法です。助走をせずに手の振り子だけで投球する練習をすることでボールをリリースする感覚で掴むことができます。


ワンステップスローのやり方と指の抜け方を覚える

ボールをリリースする感覚を掴むには、助走をしないでイチ、ニ、サンで手の振り子だけを使って投げる練習をしてみましょう。チャー、シュー、メンでも構いません。リズムを頭の中でカウントしながら投げることで感覚を掴んでください。


ワンステップスローでは、指の抜け方を確認します。ボールをリリースするときは、最初に親指が抜けてから中指と薬指が抜ける感覚を掴むことが大切です。


ボールのリリースを練習するときのポイント

  • 混んでいる時間帯を避けて周囲に迷惑にならないように練習をする
  • 練習するときはスコアを気にせずボールをリリースする感覚を掴むことに集中する
  • 楽しみながら練習する
  • 慣れてきたらワンステップスローで1ゲーム投げてみる
  • 指を離す感覚を掴んだら1歩ずつ助走を増やして投球練習をする


【ワンステップスロー練習動画】ワンステップスローで指の抜ける感覚を覚える1

腕のスウィングだけで投げるワンステップスローを動画で確認してみてください。


ワンステップ・スローは、助走をしないためボールの速度が落ちます。ボールの速度が落ちれば、ボールの曲がりが普段より大きくなります。



【練習用イメージ動画】0歩助走で指の抜ける感覚を覚える2


ボールをうまくリリースできるようになるまで練習してみてください。指を上手に抜いて回転がかかるようになってきたら、助走をつけて投げてみましょう。


ワンステップスローの動画で使用しているボール

動画で使用しているボールは、ebonite(エボナイト)のボールです。




【あわせて読みたい】ボウリングでボールの回転を増やす3つの方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました