【ボウリング】200アップに必要なたった2つのこと

ボウリングの知識

ボウリングは誰でも200アップできるようになります。今回は、ボウリングで200アップをするための2つのポイントをご紹介します。


【ボウリング】200アップに必要な2つの技術

  • スペアを取ること
  • ストライクを続けること


ボウリングで200アップするにはコツがあります。200アップをしたことがない人は、2つのポイントを押さえて200アップを目指しましょう。200アップをする2つのポイントはスペアを取ることとストライクを続けることです。


ボウリングで200アップするにはスペアを取ること

ボウリングのコツの1つ目は『スペアを取ること』です。200アップに限らず、ボウリングはスペアを攻略できるかどうかが重要です。スペアを増やすためにはミスを減らすことが必要です。


ミスを減らしスペアを取る3つポイント

  • 1投目でできるだけ多くのピンを倒す
  • 難しいピンを残さない
  • 簡単な残り方のピンを確実に取る(イージーミスをしない)


ボウリングで200アップするにはストライクを続けること

ボウリングのコツの2つ目は、『ストライクを続けること』です。200アップをするためには2回以上ストライクを続ける必要があります。アベレージを200以上にするならストライクを続ける技術は必須条件です。


ボウリングで200アップするときのイメージがあるか


ボウリング200アップをするためには、『200アップをしているイメージができること』が重要です。一度でも200アップをしたことがある人は、200アップしたときのイメージを持つことができるようになります。


パーフェクトが出る人と出ない人の違い

ボウリングで200アップをするイメージを持つ習慣は上級者になっても活かすことができます。上級者の中にはパーフェクトを出したことがある人とない人がいます。パーフェクトを出したことがある人は何度もパーフェクトを出すことができます。逆にどれだけ上手でもパーフェクトが出ない人はパーフェクトを出すことができません。パーフェクトを出した人は、パーフェクトを出すイメージをつかむことができることで何度もパーフェクトを出すことができるようになるのです。


まぐれでもいいので200アップをすると200アップできるようになる

ボウリングで200アップができるようになるためには、まぐれでもいいので200アップをしてしまうことです。偶然が重なれば、200アップはアベレージが150未満の人でも達成できる目標です。1ゲームだけでいいので、たまたまストライクが3回続いたときなどに200アップをしてしまいましょう。


ボウリングの200アップのイメージを動画でつかむ


ボウリングで、1回も200アップをしたことがない人が200アップのイメージをつかむには200アップをしている映像をたくさん観ることが重要です。200アップをしている映像をたくさん観ていると、200アップをするパターンがわかってきます。200アップをするパターンをたくさん知っていれば200アップをすることができるようになります。


ボウリングで200アップをするパターンを知る

  • ミスをせずにダブル(ストライク連続2回)を出す
  • ミスを1回に抑えダブル(ストライク連続2回)を2回を出す
  • ミスを1回に抑え、ターキー(連続ストライク3回)を1回出す


ボウリングは200という1つの基準がある

まとめ210111


ボウリングは、200アップをすることが1つの基準になっています。中級者の人でも、200点を基準にしてスコアを考える人が多いことからも、ボウリングで200アップを当たり前にできるようになるかが初心者と中級者の分かれ目とも言えるでしょう。


ボウリングの200アップにはスペア攻略が必要

ボウリングで200アップをするときのひとつめの壁はオープンフレームです。オープンフレームとはストライクもスペアも取れないフレームのことです。オープンフレームが1つ増えればダブルが1つ必要になると考えておきましょう。ストライクが出なくても、スペアだけで最大190点まで出すことができます。200アップを達成するためには『いかにミスを減らすか』が重要なのです。


ボウリングの200アップにはストライクを続けることが必要

200アップはスペアだけでは到達することができません。200アップをするためには最低2回連続ストライクを出すことが必要です。200アップを何度も出す人はスペアを取る技術だけではなくストライクを続ける技術を持っていると考えましょう。


ストライクを続ける技術とは『強い球を投げる技術』です。強い球を投げるためには基本を知っておくことが重要です。


ストライクが続く強い球を投げる技術とは

  • 球速が遅すぎずピンに向かってボールを押し出す力(厚めに強い縦回転)
  • ボールにしっかり回転がかかっている(薄めに強い横回転)


正しいフォームと振り子を使った投球ができると、ボールが1番ピンに厚く当たっても薄く当たってもストライクになる強い球を投げることができるようになります。




コメント

タイトルとURLをコピーしました