【ボウリング】スペアボールSweep Hardとおすすめスペアボール5選

スペアボールSweep Hardボウリング用品
スポンサーリンク

1個目のマイボールを買ってから、フックボールやカーブボールを投げるようになってくるとスペアボールがほしくなる時期。

ボールがピンの手前で曲がって左利きボウラーなら7番ピン、右利きボウラーなら10番ピンを取りにくいと感じたらスペアボールを買うのがおすすめだ。

今回は、ボウリングスペアボールについて。現在私が使っているSweep Hardと過去に使っていたボールなど5つのスペアボールを紹介するので購入前に目を通しておこう。

僕が使っているスペアボール「Sweep Hard」を紹介したあとに、おすすめのスペアボールを紹介する。Sweep Hardのボールの軌道を確認する動画も用意したので参考にしてみてほしい。


どのボールにするか迷ったらColumbia 300 ブルードットがおすすめ。理由は、Sweep Hardを使う前にブルードットを使っていたが、次回買いなおすときはブルードットを買うと思うから。

>>Columbia 300 ブルードットの在庫を確認する


【ボウリング】スペアボールとは

マイボウラー以外には、なじみのないスペアボール。

スペアボールはスペアを取るためのボールだ。1投目に投げる曲がるボールと違い、ストレートボールを投げるためのもの。スペアボールは曲がらない(曲がりにくい)ボールなのだ。

曲がるボールと曲がらないボール(スペアボール)ではボールの特性も違う。マイボールを買うときは、曲がるボールと曲がらないボールがあるので注意しよう。


曲がるボールの要求性能

1投目の曲がるボールの要求性能は、『球速+回転で生まれる破壊力』。

10本のピンを倒すため、破壊力を上げることでストライクが出やすくするボールだ。ストライクはポケットに対しての入射角が重要になる。曲がるボールは、ポケット(1番ピンと3番ピンの間)に入射角をつけてボールを当てることができるのでストライクが取りやすくなる。


スペアボールの要求性能

2投目は、残っているピンを倒してスペアを狙うため破壊力は必要ない。

中級者以上になると、ストライクにならないときは1本~2本程度ピンが残ることが多くなる。1本のピンを倒すのにボールの回転や破壊力は必要ないので、スペアボールで直線のコースでスペアを狙おう。

1投目に投げる「曲がるボール」だとピンの直前でボールが曲がってしまう。上級者になればなるほど、2投目はスペアボールを使ってストレートボールでスペアを取るようになるのだ。


曲がるボールで10番ピンを取る練習よりもフォームの安定を意識しよう

ボウリングは、フォームを安定させないとスコアを安定させることはできない。 スペアボールは曲がりにくく作られたボール。スペアボールを使えば、ボールが曲がらないように1投目と投球フォームを変える必要はないのが魅力だ。もちろん、指の抜き方を変える必要もない。


【ボウリング】Sweep Hardは曲がらないマイボール

スペアボールSweep Hard

ボウリングスペアボールを選ぶなら、曲がりにくいボールを選ぶのが大前提になる。

ボールが曲がってしまってはスペアボールの意味がないSweep Hardは、実際に僕が使っているスペアボール。曲がりにくいボールなので、回転数が多くボールがよく曲がる人にはおすすめのスペアボールだ。


曲がりにくいボールはHardタイプ

曲がりにくいボールを探すときのポイントはHardタイプを選ぶこと。

ハードポリエステルを採用しているSweep Hardは硬いボールだ。ボールは硬い方が曲がりにくいので、スペアボールを探すときはHardタイプがおすすめだ。

スペアボールは、1投目のボールと違い比較的安価に購入できる。スペアボールを買うときは、Hardタイプのスペアボールの中で好みのデザインのボールを選ぶといいだろう。


【ボウリング】Sweep Hardの軌道

ボウリングスペアボールSweep Hard』の軌道を確認しておこう。10番ピンを取る映像だが、回転をかけてもほとんど曲がらない



【ボウリング】スペアボールはデザインの好みで選ぼう

スペアボールは曲がらないボールなので、1投目の「曲がるボール」のように自分好みの曲がりを確認して選ぶ必要はない。

多少曲がったとしても、1投目に投げる曲がるボールとは別物のボール。スペアボールは個性的なボールも多い。好きなデザインでボールを選ぼう。


では、スペアボールの選び方がわかったところで、実際におすすめのスペアボールを5個紹介するので、あなたに合うボールを探してみよう。


スペアボール:コロンビア 300 ブルードット


私が以前使っていたコロンビア300のブルードット。曲がらないスペアボールの代表格。どのスペアボールにするか迷ったらブルードットがおすすめだ。

今のSweep Hardのスペアボールを使う前は、長い間ブルードットを使っていたので一番のおすすめのボール。



スペアボール:Brunswick T-Zone フローズン ブリス

初心者から中級者まで持っている人が多いブランズウィックのT-Zone。きれいな色のボールが多いので男子女子問わず人気のボール。



スペアボール:シュアラインハード


ABSが発売しているスペアボール、シュアラインハードも曲がりにくいボール。私が使っているSweep Hardと同じパープルカラーがある。



スペアボール:DV8 Diva


見た目がかわいいボールでDV8より発売されている。デザイン重視で選ぶならこういうボールもおもしろい。



スペアボール:Brunswick Heartsグローviz-a-ball


見ためはかわいいけどブランズウィックの本格的なボール



スペアボールを買うまではハウスボールをスペアボールにしよう

スペアボールを買うまでの間に、曲がらないボールはハウスボールで代用できる。

ハウスボールは基本的に曲がらない構造になっているので、曲がるボールしか持っていない間は2投目にハウスボールを使ってストレートボールでスペアを取ろう。

はじめてのスペアボール選びで迷ったら、Columbia 300 ブルードットがおすすめ。今はSweep Hardを使っているけど、次に買いなおすときはまたブルードットを買うと思う。

>>Columbia 300 ブルードットの在庫を確認する


曲がるボールについて知りたい人向け

【ボウリング】マイボールのDV8 PITBULL(Baller’s Best Friend)


【ボウリングボール】ブランズウィックキングピンSE



タイトルとURLをコピーしました