ボウリング200upをするためのポイント

ボウリング200upをするためのポイントボウリングの知識
スポンサーリンク

今回は、ボウリングで200upをするためのポイントを紹介する。まぐれでも200upをしてみたい人はぜひ読みすすめてみよう。

ボウリングで200upするためには、スコアを計算できること、スペアを取ること、ストライクを2回以上続けることが重要になる。

ボウリングで200upを目指すならまぐれでもいいので200upをしてしまうのがおすすめ。200upをすれば200upの世界が見えるようになる。一度200upしてしまえば、何度でも出せるようになるものなのだ。

では、ボウリングで200upをするための3つのコツを押さえていこう。


ボウリングで200upをするための3つのコツ

  • スコアを計算することができる
  • スペアを取る
  • ストライクを3回続ける技術


ボウリングで200upをするためには『スコア計算』『スペア』『ストライク』の3つの攻略をすることが大事だ。

1投目に8本から9本倒すことができ確実にスペアを取ることができるなら、ストライクを2回続けることで200upをすることができる。200upはスペアをできるだけ取りストライクを最低限続ける技術さえあれば達成できる目標なのだ。


スコアを計算できる

ボウリングで200upをする1つめのコツはスコアを計算できること。

目標点を200点にした場合、何フレームで何点を出しておかないといけないのか200upのイメージをすることができれば200upは達成したようなもの。


スコアを計算しながらストライクを続けるタイミングを探る

例えば、5フレームの点数で110点以上あればミスさえしなければ200upは見えている。200upを狙うときは、ミスを減らしながらどこでストライクを続けるかをイメージすることが大事だ。

常にスコアを計算しながら、確実に200upするときのスコアのパターンを覚えておくのが200upを当たり前にするコツなのだ。


スペアを取る

ボウリング200upをする2つめのコツはできるだけ多くのスペアを取ること。

スペアを取れば、次の1投目のスコアを加算することができる。初心者の人は、ストライクだけを重視しているけど、200upをするポイントはスペアだと覚えておこう。


ボウリングの初心者ほどストライクの練習ばかりしている

ボウリングをしている人を観察してみよう。スペアを取ることを重視していない人が多いことに気づくはず。ボウリングは、ストライクだけが大事と考える人が多くスペアは軽視されがちだ。

もちろん、上級者になればストライクが続くかどうかは重要なポイントになる。ストライクを続ける技術の恩恵を実感できるのは、アベレージ200以上、単発のスコアでも230以上を狙うレベルになったころ。

200upを目指すなら、スペアの攻略が一番の近道だと覚えておこう。


ストライクを3回続ける技術

ボウリング200upをするためには、どうしても2回以上ストライクを続ける必要がある。(すべてのフレームで1投目9本2投目スペアでもスコアは190点のため)

厳密にはストライクを2回続ける技術(ダブル)があれば200upは可能だが、余裕をもってストライクを3回続けること(ターキー)ができるように練習しよう。

ストライクを2回続ける(ダブル)を2回。あるいは、ストライクを3回続ける(ターキー)を出すことができれば、1回ミス(オープンフレーム)をしても200upは達成できる。

ミスをすればストライクを続けないといけなくなってくるので、1本だけ残ったスペアをミスしない、簡単なスペアは確実に取るという意識をもっておこう。


ボウリングで200upをするまでの期間の目安

ボウリングで初めて200upをするまでの期間の目安はマイボールを買って3か月。(マイボールを買ってから3か月間毎週6ゲーム投げたことを想定)

あくまで目安なので、もっと早くに200upする人もいれば、半年経っても200upできない人がいるけど、目標としては『3か月以内に1回は200upをする』がおすすめ。

もし、毎週投げていて1年経っても200upを2回もしたことがない場合は、練習方法が間違っている可能性がある。私も初心者の人と投げる機会があるけど、多くの人は3か月以内に1回はまぐれでも200upをしている。(フックボールの投げ方やスペアの狙い方など多少助言はしている)


ボウリングで確実に200upするための5つのテクニック

  • スコアの計算方法を知る
  • スペアの取り方を知る
  • ストライクやスペアの次の投球をしっかり投げる
  • ミスを減らす
  • ストライクが出たら同じところに投げる


ボウリングで200upをするためにコツをさらに紐解いていこう。

3つのコツを押さえるだけで200upは達成できる。しばらく挑戦して200upがうまくできない人は、より具体的な5つのポイントを押さえることで確実に200upを狙ってみよう。



スコアの計算方法を知る

多くの初心者が、いきなり上級者と同じレベルを目指しているのを見かける。

初心者ほど、トッププロのようにストライクを続けることだけに集中している。だから、ストライクが出ないと毎回落ち込み、2投目をいい加減に投げている。200upはスペアを取ることが近道になるので、ストライクが出なかったときに落ち込みすぎないようにしよう。

常に、200upをするためにあと何回ミスできるのか、あるいは、何回ストライクを続けないといけないのかを計算しながら投げる習慣をつけることが大事だ。


ボウリングのスコア計算方法

ストライクは次の2投分の投球、スペアは次の1回分の投球が加算される。最高点は300点。300点からの減点方式でスコアの計算をする。

ストライクが続けば30点ずつフレームに記録される。ストライクとスペアが交互なら20点ずつスコアが加算される。20点ずつ加算されれば、10フレーム投げたら200点になる。


スペアの取り方を知る

200upを狙うなら、ストライクよりもスペアの技術を学ぶことが大事だ。

イージーミスをしなければ、200upをするのにストライクを5回も6回も続ける必要はない。200upは、ミスさえしなければストライクを2~3回続けることができれば達成できるのだ。


スペアは初心者の方が練習できる?

初心者は、2投目にたくさんピンがあるほうが狙いやすいと考える。

実際は、スプリット以外のスペアは残っているピンが少ないほうが簡単なのに勘違いしているのだ。初心者の人は、スペアが取れるのは中級者以上の人だと思っているけど、1本だけ残ったピンを取るスペアはストライクを出すよりはるかに簡単なのだ。


中級者はスペアの練習量が少ない?!

中級者以上になると、スペアの練習をする機会は減る。

中級者以上は1投目でほとんどのピンを倒してしまうから。ヘッドピンを外すこともほぼなくなり、1投目の95%以上はヘッドピンを倒す投球ができる。

初心者と中級者の一番の違いは、投球の安定。投球が安定すれば、ヘッドピンにボールを当てる確率は格段に上がる。投球が安定するとストライクが続きやすくなるのだ。


ストライクやスペアの次の投球をしっかり投げる

ストライクやスペアが出た後の投球は大事。

スペアの後なら、次のフレームの1投目の点数が加算されます。マークの後の投球がスコアを左右する。マークの後の投球は、1本でも多く倒せるように投球するようにしよう。


ミスを減らす

200upの一番の近道はミスを減らすこと

スペアで粘っていたら最後にストライクが続いて200upするのは200upのよくあるパターン。最後まであきらめず、スペアで粘ることで200upは見えてくる。ミスをしないために、スペアを狙うときはできるだけ安全なコースを選択することを意識しよう。


スペアを取る安全なコースとは

  • キーピン(一番手前のピン)に当てるコースを選ぶ
  • ガターのしにくい対角のコースを選ぶ
  • 曲がりが読めないコースを選ばない


ストライクが出たら同じところに投げる

「ストライクが出たら同じコースに投げる」ことを意識しよう。

200upはダブルでも出せるスコア。ストライクが出たらすかさずダブルを狙いにいくことが200upをクリアするポイント。ダブルかターキーを確定させてしまったら、あとはミスせず投球すれば200upは達成できるのだ。


ボウリングで200upをする方法まとめ

ボウリング200upをするためのポイント


ボウリング200upする方法のまとめです。


ボウリングで200upをするためのポイント

ボウリングで200upをするための重要なポイントはスペア

スペアを取ることができるようになれば200upは目の前。スペアが取れるようになるとスコアは180台がベースになる。『ストライクをあと2回続けて200、3回続けて210になる』のようにスコアを計算しながら投球してみよう。



タイトルとURLをコピーしました