【ボウリング動画11】インサイドアウトぎみの投球のまま投げた225

ボウリングフルプレイ動画11 ボウリング映像

200upしている動画から200upのヒントを掴みましょう。ボウリング動画11は、フォームの崩れに気づかず小手先の調整で200upをする動画です。


【ボウリング動画11】インサイドアウトぎみの投球のまま投げた225

ボウリング動画11の映像を観てみましょう。最初は、流す感じで観てゲーム全体の流れを確認しましょう。フォームが崩れているのがわかりやすいように、投球全体が見える映像にしています。


ボウリング動画11を観るポイント

  • 200upをするためにゲームの途中でフォームを修正していないこと
  • ゲーム後半は次のゲームのためにポケットに持っていくコースを模索していること


ボウリング動画11のポイントは、投球を1ゲームの途中で修正せずに、立ち位置を修正することで1番、3番ピンへの入射角度を調整していることです。ゲーム後半では、次のゲームの準備をしています。アベレージ200に持っていくためには、単発のスコアだけでなく、1日のトータルゲームでスコアを出すための投げ方も重要です。


ボウリング動画11の投球を観る


ボウリング動画11の内容紹介

ゲーム数が多くなってくると、自分でも気づかない間にフォームが崩れるときがあります。特に、悪い癖が目立つようになってきたら、どこかのタイミングでフォームを修正したいものです。


ボウリング動画11は、いくつかの僕の悪い癖が出ている投球です。投げているときは、気づかずに立ち位置や投げるコースなどの調整をしながらだましだましポケットに持っていく投球をしています。もちろん、200upがゴールの人なら悪い癖を小手先で調整することができれば、さほど苦労なく到達することができるスコアです。


しかし、アベレージで200以上を目指す人の場合は、長い目で見て安定した投球が必要になります。投げている日は小手先の修正でカバーしたとしても、早い段階でフォームを修正する意識を持ちましょう。


200upとアベレージ200の考え方

ボウリング動画11の解説前に、200upとアベレージ200の違いを知っておきましょう。単発で200upをするのは、あなたが思っているより簡単にできます。でも、ゲーム数が多くなってくると、アベレージを200以上に維持することは、あなたが思っているより難しいのです。


まずは、まぐれでもいいので200upをしてみましょう。一度200upした人は、200upをするにはどのようなゲームの流れを作ればいいかを感覚で覚えることができます。200upが普通に出せるようになれば、あとは大きくスコアを崩すことを減らし、安定した投球ができるようにすることを意識しましょう。


単発でも200upをしたい人

200upを目指す場合は、スコアダウンの理由をあまり深く考える必要はなく、できるだけミスを減らすことに専念してみましょう。ミスを1回に抑えることができれば、ダブルが2つか、ターキーを1つ出せば200upができます。


アベレージ200を目指す人

アベレージを200に持っていくには、調子のいいときでも悪いときでもそれなりに対処をする必要があります。疲れによるスコアダウンなのか、フォームの崩れによるスコアダウンなのか、あるいはレーンの変化への対応が遅れてのスコアダウンなのかを見極める必要があります。


アベレージを200まで上げたい人は、小手先のテクニックでごまかすのではなく、一時的にスコアを落とすことになってもフォームを修正するようにしましょう。


ボウリング動画11の投球解説

ボウリング動画11の投球解説です。ポイントとなる投球に説明を入れているので参考にしてみてください。


1フレーム

191215_8G_225_1フレ


1フレーム目は、前のゲームからの流れでフォームも崩れずに狙い通りのストライクスタートです。


2フレーム

191215_8G_225_2フレ


狙いよりは少し薄めも、ほぼ狙い通りのストライクです。


3フレーム

191215_8G_225_3フレ


再び狙い通りのストライクです。まだフォームも崩れていません。


4フレーム

191215_8G_225_4フレ


1フレーム、3フレーム同様狙い通りのストライクです。この段階でもまだフォームは崩れていません。


5フレーム

191215_8G_225_5フレーム


5個目のストライクも狙い通りのストライクで、フォームも維持しています。


6フレーム

6フレームがボウリング動画11のターニングポイントです。

1投目

191215_8G_225_6フレーム_1


2フレーム同様、再びポケットに対し、薄めの入射角度のため7番ピンが残る結果でした。


2投目

191215_8G_225_6フレーム_2


フックボールを投げる人にとっては、レーンの状況が読めているときには比較的簡単なスペアです。僕の場合は曲がるボールを使っていますが、試合などで確実にスコアを上げる場合は、スペアボールで直線のラインを使って取ることを意識してみましょう。


7フレーム

191215_8G_225_7フレーム


インスパットの投球ミスです。真ん中のあたりにオイルが残っているため、内側に失投したものの薄めに入ります。ピンアクションでストライクになりますが、7フレーム目でのストライクが8フレーム以降のスコアの崩れに影響することになります。ポイントは、狙いより薄めに入っていることです。


8フレーム

8フレームは、薄めに入っている状態を修正しないことによるミスです。レーンの真ん中あたりのボールの動きを読めていないことによる失投。8フレーム目から悪い癖が目立つ投球になります。


1投目

191215_8G_225_8フレーム_1


7フレーム目を内側に失投したため、8フレーム目ではインサイドアウトの失投です。インサイドアウトとは、バックスイングで背中の上側(イン)に入り、ボールを投げるときに外側(アウト)に投げる投球です。もちろん、普段からインサイドアウトぎみの投球が多いのですが、癖が大きく出た投球です。


そして、外側に出しても、薄めに入る結果になります。ピンの手前のオイルが伸びていることに気づいて修正が必要だったのですが、自分の球の回転の問題だと誤解をすることでフォームの崩れが大きくなっていきます。


結果、2番ピンと8番ピンのインザダークになります。


2投目

191215_8G_225_8フレーム_2


2投目も薄めに入る失投です。縦2本が残っているとき、曲がるボールを投げる人は、右利きならピンの真正面ではなくわずかに手前のキーピンの右側を狙うとうまく取ることができます。しかし、今回は狙いより薄めに入ったことでチョップをします。


動画ではわかりにくいですが、バックスイングの腕も少し曲がっています。ピンが残ったことで、振り子によるバックスイングから力で振り上げるバックスイングになりフォームがさらに崩れ結果に。インサイドアウトに続く、悪い癖の2つ目がこの投球では出ています。


9フレーム

9フレームは、ボウリング動画11でもっとも悪い癖が目立った投球です。


1投目

191215_8G_225_9フレーム_1


8フレーム目に薄めに入ったことで、強引に投球でボールのコースを修正しようとした結果、ポケットから外れて真ん中までボールが曲がってしまう失投です。


インサイドアウトの投球に加え、バックスイングは8フレーム目よりもさらに力任せに振り上げています。悪い癖がさらに目立った結果になりました。


2投目

191215_8G_225_9フレーム_2


本来ならスペアボール(曲がらないボール)での投球でもよいピンの残りですが、ボールの曲がりを確認するため再び曲がるボールでの投球をします。外側を使ってボールの戻りを確認した投球です。投球自体は問題ありませんが、やはりインサイドアウトと振り子を使わないバックスイングになっています。


10フレーム

10フレーム目は、次のゲームに備える投球です。


1投目

191215_8G_225_10フレーム_1


1フレーム目から大きくコースを修正せず、1番ピンにかなり厚めに入ります。ほぼ真ん中に入ったため、4番ピンと7番ピンが残ります。運が悪ければビッグフォーになってもおかしくない投球です。


2投目

191215_8G_225_10フレーム_2


2投目は、久しぶりに狙い通りの投球です。


3投目

225_10フレーム_3


後半から最後の投球までインサイドアウトと力で振り上げるバックスイングのまま投球します。ボールは大きく狙いをそれ、ブルックリンでのストライクでゲーム終了です。


最終スコア

225_10フレーム_3


ボウリング動画11の最終スコアは、225でした。ストライクが続くと、どうしても投球が荒っぽく雑になりがちです。ストライクが続いた後は、ミスをしやすいときでもあります。なるべくミスを減らし、安定したスコアを目指すことが重要です。


ボウリング動画11の見どころは、最初のヤッツィー(5回連続ストライク)ではなく、6フレーム以降の投球にあります。次のゲームでスコアが崩れないように、ピン手前のボールの動きを見ながら投球を調整しています。


ただ数を投げることも大事ですが、どうすればアベレージを上げることができるか、安定したスコアを出すことができるかを考え続けることがアベレージアップの秘訣です。地道で、地味な作業ではありますが、コツコツと練習をしてみましょう。


ボウリング動画11をもう一回観る


ボウリング動画11のまとめ

まとめ210111


ボウリング動画11のまとめです。


ボウリング動画11から学べることは、スコアを安定させるためのヒントです。ゴルフ同様、ボウリングはメンタルがスコアに影響するスポーツです。集中力を欠いてしまったらスコアはズルズル崩れることになります。上手く投球できないときは、深呼吸をするなどして気持ちをリセットしてから投球しましょう。


投球前のルーチンを決めておくのも1つです。僕の場合は、ボールのサムホールに空気を吹き込む動作をルーチンにしています。まわりに迷惑がかからないぐらいの時間でアプローチに立つまでのルーチンを決めてみることはスコアアップのポイントです。


スコアを安定させるためのポイント

  • 思い通りに投げられず悪い癖が出る
  • スコアの安定は精神力を鍛える必要あり
  • いいときも悪いときも研究する


コメント

タイトルとURLをコピーしました