ボウリングの5つの魅力

ボウリングの魅力お知らせ
スポンサーリンク

ボウリングは誰もが気軽に楽しめる屋内スポーツ。

運動不足の解消やストレス発散、あるいは、友人との交流にボウリングをするのも楽しみ方の1つ。でも、継続的にボウリングをするなら、スポーツとしてボウリングを楽しむのがおすすめ。

今回は、スポーツとして楽しむボウリングの5つの魅力にせまってみよう。


ボウリングの5つの魅力

  • 天気の影響をうけない
  • 短時間で楽しむことができる
  • ひとりで楽しむことができる
  • 運動不足解消になる
  • 目標の数値化がしやすい

ボウリングの5つの魅力をまとめると『気軽に楽しめて継続しやすい本格的なスポーツ』。

継続的に体を動かす屋内スポーツの中でも、スコアやアベレージなどのゲーム要素もあるボウリングの魅力にせまっていこう。


ボウリングの魅力1:天気の影響をうけない

ボウリングの1つ目の魅力は天気の影響をうけないこと。

ボウリングは屋内スポーツのため天気の影響をうけないのが魅力だ。雨の日でも関係なくスポーツを楽しむことができるので、忙しい人でも予定を立てやすい。


梅雨の時期や真夏・真冬でも楽しめる

最近は夏は暑くて冬は寒い。年々、気候のいい春と秋が短くなっている。

屋外スポーツの場合、久しぶりに運動でもと思って予定を立てても前日にスコールのような大雨や当日の雨でスポーツを楽しめないこともある。ボウリングの場合は、屋内スポーツなので天気に関係なく楽めるのが魅力だ。

屋外スポーツをしている人も、体を動かす屋内スポーツの趣味をひとつ持っておくと天気に関係なくスポーツを楽しめるのでおすすめ。


ボウリングの魅力2:短時間で楽しむことができる

ボウリングの2つ目の魅力は短時間で楽しむことができること。

5分~15分あれば1ゲームができるので、2時間~3時間あればボウリングを楽しむことができる。1日予定を空けなくても楽しめるので、スケジュールが詰まっている多忙な人でもスキマ時間に楽しめるのが魅力だ。


あまり時間が取れない人でも継続的に楽しめる

仕事が忙しい、他の趣味があってあまり時間が取れない人にボウリングはおすすめだ。

実際、僕は仕事とバンドとクルマの趣味をやっているときにボウリングをしていたことがある。仕事が終わった後やバンドの練習前後、あるいはクルマ好きの友人と交流する前後に、クルマにボールを積んでボウリング場に寄っていた時期もあった。

体を動かす趣味がない人ほど、自分のペースで無理なく楽しめるボウリングがおすすめ。


ボウリングの魅力3:ひとりで楽しむことができる

ボウリングの3つ目の魅力は、ひとりで楽しむことができること。

ボウリングはひとりでも楽しむことができるスポーツ。休日が不定期で友人と休みを合わせることが難しい人や、ちょっとした時間に体を動かしたい人でも楽しめるのが魅力だ。


ボウリングは忙しい芸能人もしている

ボウリングは、忙しくて運動する時間がない人ほどおすすめ

ボウリングはひとりでも楽しむことのできるスポーツ。実は、まとまった時間を作りにくい人ほどボウリングがおすすめ。忙しい芸能人もボウリングを楽しんでいる人は多い。誰もが知っている芸能人なら桑田佳祐さんだろうか。桑田佳祐さんのボウリングの腕はプロ並み。ボウリングの歌を発売するだけでなく、桑田佳祐さん主催のボウリング大会も開催されている。


ボウリングの魅力4:運動不足解消になる

ボウリングの4つ目の魅力は、運動不足解消になること。

老若男女楽しめるボウリングは、幅広い世代が楽しむことができる。スポーツとして真剣に投球すればば全身運動にもなるので、運動不足の人におすすめのスポーツ。


健康促進としてのボウリング

ボウリング世代の人がセカンドライフを楽しむ年齢になった。

ボウリングに行けば、還暦を迎えた人が元気いっぱいボウリングをしている姿を見かける。ボウリングは屋内で安全にできるスポーツなので、老若男女問わず取り組みやすく継続しやすいのも魅力だ。


ボウリングの魅力5:目標の数値化がしやすい

ボウリングの5つ目の魅力は、目標の数値化がしやすいこと。

ボウリングは点数を競うスポーツなので、継続的に取り組む場合は、目標値を設定しやすい。ただ、体を動かすときよりも楽しく(スコアが悪くて楽しくないときもあるけど)継続できる。

例えば、「1日1回は200アップをする」あるいは、「アベレージ180」「アベレージ200」などの目標を立てやすいのが魅力。


ボウリングはスポーツとして楽しめる期間が長い

ボウリングは老若男女問わず楽しめるのが魅力のスポーツ。

ボウリングはゴルフに似ているところがある。パワーだけなら20代の男性にはかなわなくても、知識やテクニックで年齢差や腕力など関係なく対等に競うことができるスポーツなのだ。振り子やリリースの仕方で球速やボールの回転数を上げることもできる。

実際、僕は2投目に投げるスペアボールを40代になっても30~40km/hで投球できている。ボウリングは何歳から始めてもうまくなれるスポーツ。だから、30代以上で運動不足を感じている人はボウリングを始めてみよう。


ボウリングの5つの魅力のまとめ

ボウリングの魅力
  • 天気の影響をうけない
  • 短時間で楽しむことができる
  • ひとりで楽しむことができる
  • 運動不足解消になる
  • 目標の数値化がしやすい

ボウリングの5つの魅力をまとめると、「気軽に楽しめて継続しやすい本格的なスポーツ」。

天気に関係なく数時間~半日あれば楽しめる上に、今は価格も比較的安くなっているのが魅力。多くのボウリング場で、投げ放題や5~6ゲームパックなどのサービスもあるので、うまく活用すれば安く楽しめるスポーツなのだ。

スポーツとしてボウリングを始めるときには、マイボールやマイシューズなどをそろえよう。継続的に通うなら、マイシューズだけでも持っておくと毎回のシューズ代がいらなくなるのでおすすめだ。


マイシューズ選びに迷ったら>>はじめてのボウリングシューズの選び方



タイトルとURLをコピーしました