【ボウリングスペア】リスタイで手首をサポートしよう

assist ボウリング用品

ボウリングスペアを取ることはスコアアップには欠かせません。アベレージを上げるには、スペア攻略ができるかどうかがポイントです。ボウリングの投球補助具にリスタイがあります。メカテクと言われる金属製のものから手首だけを固定するものまで種類はたくさんあります。


今回は、ボウリングのリスタイ(プロテクター)についての記事です。スペアをうまく取れない人は参考にしてみてください。


【ボウリングのスペア】リスタイとは?


ボウリングスペアを取りやすくする投球補助具にリスタイがあります。軽く固定するものから、しっかり固定するタイプまで種類は様々です。


【ボウリングのスペア】リスタイの効果

ボウリングのリスタイの一番の効果は、コントロールが安定することです。手首を固定することで、コントロールを安定させることができます。コントロールを安定させることで一番効果が大きいのは、スペアを取りやすくなることです。


ボウリングは間口は広いけど奥の深いスポーツです。投げている間にも、レーンコンディションは刻々と変化します。投球が安定しないと、レーンが変化しているのか、投球が不安定なのかわかりません。


ボウリングでスコアを安定させるためには、投球だけでなくレーンの攻略も必要なのです。投球を安定させることで、スペアの確率を上げることができます。投球を安定させることができれば、レーンの攻略に集中できるようになります。


リスタイをつけて効果が出る人

  • 手首が弱い
  • ボールが重い
  • ボールを落とす
  • リリースが不安定
  • スペアが取れない


手首が弱い

手首が弱い人は、無理をせずにリスタイをつけてみましょう。リスタイをつけることで手首を保護することができます。手首を固定することで手首への負荷が軽減されるのでゲーム数をこなしやすくなります。


ボールが重い

マイボールはハウスボールの2ポンド重いぐらいのボールを選びます。マイボールを買ったもののボールが重いと感じる人はリスタイをつけてみましょう。リスタイをつけることで手首が固定されるので、重さが軽減されます。


ボールを落とす

ボールを落とす人は、ボールをリリースするときに手首が反ってしまっている可能性があります。手首が反ると、指が下を向いている状態でリリースしますのでボールを落としやすくなります。リスタイをつけて手首を固定することで、ボールを落としにくくなる効果があります。


リリースが不安定

リリースが不安定な人は、リリース時の手首の角度が不安定な可能性があります。手首を固定して、同じリリースができるようにするためにリスタイをつけてみましょう。


スペアが取れない

思うところに投げられない人は、リスタイをつけてみましょう。手首を固定しリリースを安定させることで、スペアを取りやすくすることができます。


【ボウリングのスペア】リスタイの種類

ボウリングのリスタイをいざ買おうと思ったとき、どれを買うか迷うと思います。ハウスボウラー(お店のボールを使う人)は、簡易的なリスタイで問題ありません。手首を固定するだけで、慣れれば思っている以上にコントロールがよくなるでしょう。


簡易的なリスタイならABSのウルトラリスト


ABSのウルトラリストは、手首を補助するリスタイです。あまり仰々しくないリスタイを好む人は、このリスタイがおすすめです。手首が反らないようサポートしてくれるので、投球がしやすくなるはずです。手首が痛くなる人も、このリスタイをつけることで解消できる可能性があります。



ABSフィンガーサポートリスタイ


同じくABSのリスタイです。フィンガーサポート付きのリスタイは、手首だけでなく人差し指も固定することができます。中級者以上は、ボールを前に押し出すことを意識するようになります。


ボウリングは前に並ぶピンを倒すスポーツです。ボールを前に押し出すことで、1番ピンの厚めに強い投球をすることができます。手首を固定するだけでなく、前に押し出しやすくするのがフィンガーサポート付きの特長です。中級者まで使いたい人は、このフィンガーサポート付きがおすすめです。



がっちり固定のサンブリッジメカテクター


手首をがっちり固定したいなら、サンブリッジのメカテクターMD-4DXです。手首を固定する角度を決めることができるメカテクター。自分の投球に合わせて、がっちり手首をサポートします。手首を起こし気味にすれば、ボールを大きく曲げることもできるアイテム。アベレージ重視の人なら、メカテクターを使う価値はあります。


メカテクターにはデメリットもあります。メカテクターをつけてしまうと、リスタイを外して投げるまでに時間がかかります。上手になったらリスタイを外すなら、簡易的なリスタイをつけることをおすすめします。



いずれリスタイを外す人なら、フィンガーサポートタイプがおすすめです。


【ボウリングのスペア】リスタイを外してみる

ボウリングスペアを取ることができるようになれば、リスタイを外してみましょう。投球が安定してきたらリスタイを外すか考える時期です。


リスタイを外す目安は、アベレージが180になったときです。アベレージが180は、ボウリング中級者の分岐点です。リスタイをつけたままアベレージを上げていくのかを考えてみましょう。


アベレージを190、200と上げてからではリスタイを外すタイミングを逃します。いずれリスタイを外すつもりなら、スペアが取れるようになったら外して練習しましょう。


手首を鍛えておくことで、リスタイを外しても安定した投球ができるようになります。ボウリングをしていないときでもできるので、手首を鍛えておきましょう。


ちなみに、動画を観た人は気づいたと思いますが私はリスタイをつけていません。リスタイを紹介しているのにリスタイをしていない理由は単純です。


私がリスタイをつけない理由

  • 見た目にこだわるから
  • バックスイングからリリースで手首を自由に動かしたいから
  • つけないほうが回転数を上げやすいから


手首が反ってしまう、バックアップボールを投げてしまう人はリスタイをつけて練習することでバックスイングからリリース時の手首の角度を覚えましょう。


リスタイに頼るだけでなく手首も鍛えよう


リスタイは手首を固定してくれるので、手首への負荷を軽減することができます。でも、ボウリングを続けるなら、手首を鍛えることを忘れてはいけません。


投球補助具はあくまで補助具です。できることなら、補助具なしで投球できるのが理想です。


ボウリングをしていないときに手首を鍛えておきましょう。手首を鍛えるならACEFITS ツイストボール オートスタートがおすすめです。紐がいらないツイストボールです。遊び感覚で鍛えることができるので、継続しやすいアイテムです。



あわせて読みたいボウリングサポート必需品

ボウリング用品で手に入れておきたいのは親指の保護テープです。ゲーム数をこなすなら、ボウリングテープは必須アイテムです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました