【ボウリング動画9】ストライクが続かない?!200up

ボウリング200up動画9 ボウリング映像

ボウリング動画9は、中級者以上でストライクが出ないときに200upをするコツを掴むための動画です。ボウリングを続けているとストライクが続かないときがあります。ストライクが続くときと違って、精神的に疲れるゲーム展開になりますが、集中力を維持してスペアで粘る意識を持ちましょう。


【ボウリング動画9】ストライクが続かない?!200up

今回のボウリング動画9は、ストライクが続かないゲーム展開です。ピンの手前での曲がりが大きく、アウトスパットぎみの投球が多いゲームでした。ストライクが出ないと諦めてしまう人が多いですが、スペアで粘ってみましょう。カウントダウンが少なければ、ダブルとスペアで200アップをすることは可能です。


200アップを量産するためには、粘ることができるかが重要です。もちろん、スペアを取る技術は必要です。スペアを取る技術は、知識が大半なのでまずはスペアの取り方を覚えましょう。


スペアを取るときは、取れるコースは複数あります。その中で、もっともミスをしにくいコースを選ぶことを意識してみましょう。


ボウリング動画9の見どころ

今回のボウリングは、マックスのスコアから逆算して投球しています。10フレームの2投目の投球がポイントになります。200をターゲットに投げていたのがわかる動画になります。


派手にストライクを量産するよりも大変な200アップになりました。初心者の人は、今回のボウリング動画9から学べることは多いと思います。


ボウリング動画9の動画のポイント

  • 目標スコアまで取れるスペアは取る
  • 安全なコースを使う
  • 目標スコアを超えたら攻めのボウリングをする


【ボウリング動画9】200upを目指す1ゲーム投球動画8


ボウリング動画9の投球解説

ボウリング動画9の投球解説をしていきます。想像より奥でのボールの曲がりが大きいので、調整しながら投げています。安全なコースを使えるスペアは、曲がるボールを使っています。


1フレーム


1投目

狙い通りに投げられたものの、奥で曲がりが大きくほぼ1番ピンの真ん中にヒット。よもや、スプリットになる投球も10番ピンが倒れて救われます。


2投目

10番ピンが倒れたおかげで難易度が下がった残りピン。1投目のラッキーを無駄にしないよう確実にスペアを取ります。


4番ピンがあることで難易度の低いスペアです。ボールの曲がりを確認するための投球のため曲がるボールを選択します。


2フレーム


1投目

ボールを外に出すのが速すぎたため、1フレーム1投目より曲がりが大きい結果に。1番ピンの左側まで曲がりますが、まさかの10番ピンが残ります。


通常は、ブルックリンのコースで残りやすいのは5番ピン、7番ピン。このコースでは10番ピンは残りにくいので意外な残り方です。


2投目

少し狙いより外側に投球するアウトスパット。安全なコースを選択していたためスペアです。


3フレーム


1、2フレームで予想より曲がりが大きかったため、コースを変更します。曲がりにくいレーンの真ん中を活用して、角度がつきにくいコースを選択しました。狙い通りのストライク。


4フレーム


再び、外に膨らすコースへの投球です。今度はポケットに入ってストライクです。


5フレーム


1投目

外に出しきれない失投です。外側がシビアな動きをするのに、再び外に膨らすコースを選択しています。後で観て気づいたのですが、コースの選択ミスでした。


2投目

スペアボールを選択。2フレームの10番ピンのときと同様、曲がることを想定したコースに投球します。


6フレーム


ボールのリリース方法をリフトアップから変更します。ボールを転がる投球への変更です。


7フレーム


1投目

不安定な投球のため、狙いより曲がりが大きくなります。


2投目

3番ピンが残っているため、1投目よりも左側に立って投球します。あえて曲がるボールを選択しています。ボールを前に押し出す練習投球です。


8フレーム


曲がりだすポイントを奥にもっていくことで曲がりをコントロールします。


9フレーム


1投目

8フレーム目で掴んだはずも、再びバランスを崩した投球です。


2投目

スペアボールを選択します。6番ピンが残っているため、6番ピンあたりに投げるぐらいのラフな投球です。


10フレーム

1投目

久しぶりに、思い通りのコースに投球です。ストライクを取ったことで200アップがほぼ確定します。



2投目

思い通りの投球をしたはずが、1フレーム1投目と同じボールの動きになります。苦しい中で200アップが確定したため、集中力が切れていた模様。


3投目

ゲーム最後の投球のため、狙いにいく攻めの投球。ミスをしてもスコアに影響がないときは、スプリットも積極的に狙いにいきましょう。


もう1回ボウリング動画を観る


ボウリング動画9まとめ

まとめ210111


ボウリング動画9から学ぶことをまとめておきます。


ミスを減らす投球のコツ

  • 1投目でできるだけ多くのピンを倒す
  • スペアは取れる確率の高いコースを選択する
  • マックスのスコアを計算しながら投げる
  • スペアを取ることを楽しむ
  • ボールの選択を間違えない


1投目でできるだけ多くのピンを倒すには、レーンの状況を掴む必要があります。速いレーンでは1番ピンに厚め、遅いレーンでは1番ピンに薄めを狙ってみましょう。


レーンが遅くなってきたときは、安全なコースのスペアで曲がりを調べるのも1つ。(試合の場合は、スペアボールでミスをしないコースを投げる方が安全です)ボールが曲がりすぎるときは、曲がり始めるポイントを奥にして調整しましょう。


スペアがうまくとれないときに役立つボウリング用品


初心者の間はスペアを取る確率が低いと思います。まずは、スペアが取れるようになるチェックポイントを試してみてください。


スペアが取れるようにするチェックポイント

  • 投球が狙ったコースかを確認する
  • 狙ったコースが合っているかを確認する
  • ボールを曲げる人はバックスイングが背中側になりすぎないよう意識する


コースの狙いは合っているけど、思い通りに投球できない人もいると思います。手首を固定するリスタイ(プロテクター)を使うことで対策してみましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました