【ボウリング】スペア(3番ピン6番ピン)の取り方

3番ピン6番ピン スペア

ボウリングスペアの取り方の説明です。今回は、3番ピン6番ピンのスペアの取り方を解説します。ボウリングはスペアを取ることができるようになるとスコアが安定します。3番ピンと6番ピンが残ったときはスペアを取るチャンスだと思って挑戦してみましょう。


【ボウリング】スペア(3番ピン6番ピン)の難易度

3番ピン6番ピン


ボウリングスペア3番ピン6番ピン)の難易度は高くありません。1本残りに比べれば難易度は上がりますが、ストライクコースより少し右側を狙いましょう。もし、内側に投げてストライクコースになってもスペアを取ることができます。


3番ピン6番ピンの2本残りは、1投目にボールがポケットより真ん中にいってしまったときに残ります。狙い通りに投げたのにポケットを通過して真ん中まで曲がってしまった場合は、レーンの外側が遅くなり始めている可能性もあるので早めに対策をしておきましょう。


【ボウリング】スペア(3番ピン6番ピン)の狙い方

3番6番ピンスペアコース


ボウリングのスペア(3番ピン6番ピン)の取り方です。画像の青のラインはスペアを取るときのイメージです。アプローチは、ストライクコースに投げるときより左に立つようにしましょう。レーンの外側にボールをはやく出しすぎると、ボールの曲がり始めが早くなり、狙い通りの曲がりにならない場合があるので注意が必要です。


3番ピン6番ピンスペアのキーピン

キーピン(一番手前に残っているピン)は3番ピンです。キーピンに当てないとスペアは取れないので、3番ピンを狙うようにしましょう。3番ピンを狙うときは、3番ピンと6番ピンの間を狙うことがっ重要です。3番ピンの左側(ストライクコース)でもスペアを取ることができますが、スペアの基本は、ボールで取れるピンはボールで取ることです。


ピンを飛ばすほうが派手な印象もあるかもしれませんが、ピンアクションに頼るとスコアは伸びません。ピンアクション(ピンを飛ばす)のは、スプリットやワッシャーなどピンとピンが離れたときだけだと考えておきましょう。


3番ピン6番ピンスペアは対角線上に立って狙う

スペアを狙うときは、残っているピンと対角線上に立って狙うことが重要です。ガターによく落ちてしまう人は、対角線上に狙うことでガターになりにくくなります。できるだけレーンの真ん中を使うコースを選びましょう。


アプローチに立つときは、ストライクコースを狙うときよりも板3枚~5枚左側に立つようにしてください。


フックボールなら曲がりにくいレーンの真ん中を使う

フックボールを投げる人は、オイルのたくさん残っているレーンの真ん中を使うコースを選ぶことを意識してみましょう。レーンの真ん中を使うコースは、ボールが曲がりにくくスペアを狙いやすいのでスペアを狙いやすくなります。1本や2本残りのスペアを取るときに、ボールの回転数を無理に上げて曲がりを大きくする必要はありません。


レーンのオイルの状況で、ボールの曲がりは大きく変わります。スペアボールを使って直線のコースで取るのも1つです。


【ボウリング】スペアの取り方(3番ピン6番ピン)の映像


ボウリングスペアの取り方(3番ピン6番ピン)の映像を確認してみましょう。映像では、1投目に投げる曲がるボールでフックボールを投げています。3番ピンと6番ピンの間を通すスペアの取り方をしているので、参考にしてみてください。


ボウリング動画内容

  • 3番ピン6番ピンのスペアを取る映像
  • 3番ピン6番ピンのスペアを取る映像のスロー再生(ボールの軌道確認)
  • 1投目と2投目を投げている映像


【ボウリング】スペア(3番ピン6番ピン)を取るコツ


ボウリングのスペアの取り方(3番ピン6番ピン)のまとめです。3番ピンと6番ピンのスペアを取るコツは、残りピンが少ないからと焦らないことです。ピンが10本立っているときよりも取りやすいと考えることが重要です。ストライクコースより少し右側なので、真ん中より右に投げるぐらいの感覚で投げてみましょう。


【ボウリング】3番ピン6番ピンスペアを取るコツ

  • キーピンは3番ピン
  • ストライクコースより少し右側
  • ストライクコースでも取ることができる


ボウリングでスペアを取るならスペアボール

ボウリングでスペアを取るならスペアボールを買っておこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました