【ボウリング】スペアの取り方(9番ピン)

スペア

ボウリングスペア9番ピンを攻略しましょう。初心者の間は、右利きボウラーにとって9番ピンは苦手な残り方の1つです。狙い方を知ってしまえば、比較的楽に取れるようになりますので、ぜひ攻略しましょう。


ボウリングは、スペアを取れるようになるとスコアアップに繋がります。1本残りはスペアチャンスだと思えるようにしっかりと学んでいきましょう。


【ボウリング】スペアの取り方(9番ピン)の難易度

9番スペア)ボウリングピン


ボウリングのスペア、9番ピンの難易度は、5番ピン残りに比べて少し高いぐらいです。どちらかというと、9番ピンのスペアは取りやすいスペアだと考えておきましょう。


10番ピンよりもはるかに簡単に取ることができるので、残ったときはしっかりスペアを取りましょう。狙うときは、ボール1個分とピン2本分の幅に投げることができればスペアが取れると考えるようにしましょう。つまり、レーンの真ん中より右あたりに投げておけば取れるスペアになります。


フックボールでスペアを取る場合、レーンの状況によっては少し難易度が上がるので、できればスペアボールでカバーするようにしましょう。


【ボウリング】スペアの狙い方(9番ピン)

9番ピン狙い方


ボウリングスペア9番ピンの狙い方は、上図のように対角線上に直線で狙います。1投目(ストライクコース)を投げるときより、少し左に立って投げる意識を持ちましょう。


初心者の人の中には、9番ピンの正面から直線で狙う人がいますが、ピンに対角線上に立って狙うようにしましょう。9番ピンをピンの正面に立ち直線で狙う場合、スペアの難易度はかなり上がると思ってください。


直線で狙うことでスペアの難易度が上がる2つの理由

直線で狙うとスペアが取りにくくなる一番大きな理由は、レーンのオイルの影響を受けやすい場所に投げることです。レーンの外側のオイルが少ない場合は、外から5番ピン(真ん中のピン)寄りに曲がってしまうことがあります。スペアは確率の高いコースを確実に投げることが重要です。そして、初心者の人ほど注意したい難易度が上がるもう1つの理由は、ガターを恐れて内側に投げてしまう可能性があることです。


9番ピンを対角線上から投げるメリット

  • ガターになりにくい
  • 右半分あたりに投げると考えれば狙いやすい
  • レーンコンディションに左右されにくい


【ボウリング】スペアの取り方(9番ピン)の映像


ボウリングのスペア、9番ピンの狙い方を映像で確認してみましょう。映像では1投目に使う曲がるボールを使用しています。1投目と同じように回転をかけていますが、レーンの真ん中を使うことで曲がりを抑えています。


9番ピンのスペアは、スペアボール(曲がらないボール)がない人でも、取りやすいスペアです。うまくスペアが取れない人は、肩の力を抜いて右半分に投げるぐらいのラフな気持ちで投げるとうまくいきます。映像を何度も確認して、ラフに投げる感覚を覚えましょう。


ボール1個分とピン2本分の幅のどこかに投げれば、スペアが取れると知っておくことがポイントです。


【ボウリング】スペアの取り方(9番ピン)まとめ

まとめ210111


ボウリングスペア9番ピンの取り方のまとめです。


1本残りの中では比較的取りやすいスペアになります。曲がるボールを使う人は、レーンの状況を把握していないと、曲がりすぎたり、曲がらなかったりとミスをしやすいコースを投げることになりますので、できればスペアボールで取るほうが確実です。


初心者の人で注意したいのは、ピンの正面から直線で狙う方が簡単そうで難しいということです。最初は慣れないと思いますが、対角線上に立って狙うことに挑戦してみましょう。レーンの左側から右側に残るピンを狙うときのコツは、ピンに体を向けて投げることです。投げ終わった後に、左足がピンの方を向いているか確認しておきましょう。


ボウリングのスペア、9番ピンの取り方

  • ボール1個+ピン2本分の幅で取れるスペア
  • ピンと対角線上に立って狙う
  • スペアボールがあるなら直線で狙う


コメント

タイトルとURLをコピーしました