【ボウリング】5番ピンのスペアの取り方

【ボウリング】5番ピンのスペアの取り方スペア
スポンサーリンク

ボウリング5番ピンが残ったらスペアチャンス。

ど真ん中にある5番ピンのスペアは、真ん中あたり(ピン1本分+ボール2個分の幅)に投げれば取れる。5番ピンのスペアは、1番ピンの次に簡単なスペアなので確実に取っておきたい。

今回は、5番ピンのスペアの取り方について。


5番ピンのスペアを攻略しよう


ボウリング5番ピンが1本だけ残ったときはスペアチャンス。

とくに5番ピンはど真ん中のピンなので、確実にミスをせずに取るようにしよう。感覚は1投目より気持ち左側に立って投球するのがおすすめだ。


5番ピンスペアの難易度

5番ピンのスペアの難易度は、1番ピンのスペアの次に簡単。

1番ピンだけが残ることはほとんどないので、5番ピン1本が残るスペアがボウリングで一番簡単な残り方。


5番ピンのスペアの狙い方

  • ポケットに投球(気持ち左に立ちポケットにかなり薄めを狙う)
  • ストレートボールで5番ピンを狙う


ボウリングで5番ピンのスペアを狙うときは、曲がるボールで1投目のコースを投げるか(気持ち左側に立つ)、スペアボールでまっすぐ5番ピンを取るかを決めよう。曲がるボールを使うときは、次の1投目を意識してボールの曲がりをしっかりと確認しておくことが大事だ。

1本だけ残っているピンを倒すのに威力はいらない。威力がいらないということは、破壊力を上げるための高回転フックボールを投げる必要もないということ。ボールがピンにかすりさえすれば取れるのが1本だけピンが残るスペアなのだ。


【ボウリング】5番ピンのスペアの狙い方


ボウリングの5番ピンのスペアの取り方の動画解説。

動画は、曲がるボールを使用して5番ピンのスペアを取っている。オイルがたっぷり残っている真ん中のゾーンを投げることで曲がりをおさえているのだ。


5番ピンのスペアを取るときのワンポイントアドバイス

5番ピンの残り方が簡単だと言われても、狙うのが1本だから難しく感じる。

そんなときは、レーンの幅に対して真ん中1/3を狙えばいいと気持ちを楽にしてみよう。5番ピン1本分とボール2個分の幅に投げておけばスペアが取れるので、実際はレーンの真ん中あたりを狙うぐらいの間隔でも取れるのだ。


【ボウリング】5番ピンのスペアの取り方(まとめ)

【ボウリング】5番ピンのスペアの取り方


ボウリング5番ピンスペアの取り方まとめ。

5番ピンは、ブルックリンのコースに投げたときに残りやすい。ブルックリン(1番ピンと2番ピンの間)に投げたときはピンアクションで5番ピンが残りやすくなるのだ。

ブルックリンのコースに投げていないのによく5番ピンが残る人は、ボールの威力がないか、オイルの多い部分を投げているためボールが滑っている。

5番ピンを残さない対策はピンに対してボールの角度をつけること。レーンの真ん中ではなく、レーンの右端から真ん中に向かって投げる対策をすることで5番ピンが残りにくくなる。

角度をつける投球コースについてくわしくはこちら>>速いレーンで8番ピン10番ピンを残さない角度をつけたフックボール(YouTube動画)

威力のないボールは、5番ピンや8番ピンが残りやすくなる。威力のないボールは、5番ピン7番ピン、5番ピン10番ピンなどスプリットにもなりやすいので対策をしておきたい。


ボウリングのスペア5番ピンが残る理由

  • ブルックリンのコースを投げた
  • ボールの威力がない
  • オイルでボールが滑っている


ボウリングのスペア5番ピンの狙い方

  • スペアの難易度は低い
  • 真ん中1/3あたりを狙うラフな感じで



タイトルとURLをコピーしました