【ボウリング】スペア(5番ピン)の取り方

ボウリング5番ピンスペアの取り方 スペア

ボウリングスペアを攻略できると一気に楽しくなるスポーツです。ど真ん中の5番ピンが残ったらスペアチャンス。もっとも簡単な残りピンだと思ってしっかりスペアを取りましょう。


ボウリングのスペア5番ピンを攻略しよう

5番ピン


ボウリング5番ピンが1本だけ残ったときは、スペアチャンスなので2投目をしっかりと取りましょう。


5番ピンスペアの難易度

5番ピンのスペアの難易度は、1番ピン1本残りの次に簡単です。1番ピンが1本残ることはほぼありませんので、5番ピン1本が残るスペアが、ボウリングで一番簡単な残り方です。


5番ピンスペアの狙い方

5番ピンの狙い方


ボウリングで5番ピンのスペアを狙うときは、曲がるボールで1投目のコースを投げるか、スペアボールでまっすぐ5番ピンを取るかを決めましょう。曲がるボールを使うときは、次の1投目を意識してボールの曲がりをしっかりと確認しておきましょう。


1本だけ残っているピンを倒すのに威力はいりません。威力がいらないということは、破壊力を上げるための高回転フックボールを投げる必要もないということです。ボールがピンにかすりさえすれば取れるのが1本残りのスペアと知っておくことは重要です。


【映像】ボウリングのスペア5番ピンの狙い方


ボウリングの5番ピンスペアの取り方を動画で確認してみましょう。動画は、1投目に使う曲がるボールを使用しています。オイルがたっぷり残っている真ん中のゾーンを投げることで曲がりを制御しています。


5番ピンスペアのワンポイントアドバイス

5番ピンの残り方が簡単だと言われても、1本しかないから難しく感じる人もいると思います。レーンの幅に対して、真ん中1/3を狙って投げる気持ちで投げてみましょう。5番ピン1本分とボール2個分の幅に投げて、5番ピンにかすることができれば取れるスペアです。


考えすぎず、1投目に投げるコースあたりを狙うぐらいでちょうどいいです。5番ピン1本を狙って投げるのではなく、スパットを狙って投げる習慣をつけてみましょう。


左利きボウラーの5番ピンスペア攻略

左利きボウラー5番ピン


左利きボウラーでも5番ピンの狙い方は同じです。ポケットからブルックリンの間に投げておけば、スペアを取ることができます。


左利きボウラー5番ピンの狙い方

左利き)5番ピンの狙い方


左利きボウラーの5番ピンの狙い方は、右利きボウラーと同じで真ん中1/3あたりを狙うことです。1投目で使う曲がるボールでも、曲がらないスペアボールでも大丈夫です。投げる前にどうやって取るか決めておきましょう。


【映像】左利きボウラーのスペア5番ピンの狙い方


左利きボウラー用の5番ピンの取り方の動画もご用意しました。左利きボウラーはぜひ、参考にしてみてください。


まとめ

まとめ210111


ボウリングスペア5番ピンの取り方のまとめです。5番ピンが一番残るのは、ブルックリンのコースに投げたときです。ブルックリン(1番ピン、2番ピンの間)に投げたときはピンアクションで5番ピンが残りやすくなります。


ブルックリンのコースに投げていないのによく5番ピンが残る人は、威力がないか、オイルの多い部分を投げてボールが滑っています。


一番手っ取り早い、5番ピンを残さない対策は、ピンに対してボールの角度をつけること。レーンの真ん中ではなく、レーンの右端から真ん中に向かって投げる対策をすることで5番ピンが残りにくくなります。


あと、根本的な問題として、威力のないボールは5番ピンや8番ピンが残りやすくなります。威力のないボールを投げると、5番ピン7番ピン、5番ピン10番ピンなどスプリットにもなりやすいので対策をしておきましょう。


ボウリングのスペア5番ピンが残る理由

  • ブルックリンのコースを投げた
  • ボールの威力がない
  • オイルでボールが滑っている


ボウリングのスペア5番ピンの狙い方

  • スペアの難易度は低い
  • 真ん中1/3あたりを狙うラフな感じで


コメント

タイトルとURLをコピーしました