【ボウリング】2番ピン8番ピン(インザダーク)スペアの取り方

ボウリング2番ピン8番ピン(インザダーク)スペアの取り方 スペア

ボウリング2番ピン8番ピンインザダーク)のスペアを攻略しましょう。


ボウリングの2番ピン8番ピン(インザダーク)の取り方

ボウリング2番ピン8番ピンインザダークスペアの取り方を覚えましょう。2番ピン、8番ピンの残り方は、ピンが縦に2本残るため正面からは後ろのピン(8番ピン)は見えません。インザダークは、2番ピンに当たったボールが逃げてしまいう後ろに隠れている8番ピンが残ってしまうので注意が必要です。


【ボウリング】2番ピン8番ピン(インザダーク)スペアの難易度

2番ピン8番ピンインザダーク


2番ピン、8番ピンのインザダークのスペアは、2番ピンや8番ピンが1本だけ残っているときより難易度は高いと考えておきましょう。

フックボールを投げる人は比較的取りやすいスペアですが、ストレートボールで狙うと難易度は上がります。ストレートボールで狙うには、2番ピンの正面にあてる必要がありスペアが取れる幅が狭くなります。


【ボウリング】2番ピン8番ピン(インザダーク)スペアの狙い方

フックボール2番ピン8番ピン(インザダーク)スペアを取る軌道


2番ピン、8番ピンのインザダークのスペアの狙い方は、フックボールなら2番ピンの右半分を狙いましょう。狙い方は1番ピン(ど真ん中)を狙ってフックボールを投げるイメージです。


【ボウリング】2番ピン8番ピン(インザダーク)スペアを取るコツ

2番ピン8番ピン(インザダーク)スペアコース


2番ピン、8番ピン(インザダーク)のスペアを取るコツは、しっかりと回転をかけたフックボールを投げることです。フックボールを投げればインザダークのスペアの難易度は下がります。スペアが取れる幅が広くなるフックボールを投げられるようにしておきましょう。


【ボウリング】2番ピン8番ピン(インザダーク)スペアの取り方まとめ

インザダークの取り方2つの軌道


ボウリング2番ピン8番ピンインザダークスペアの取り方のまとめです。

動画で投げているコースは黄色のコース、ストレートボールで狙う人は青のコースを投げましょう。


2番ピン8番ピン(インザダーク)が残る理由

1投目の投球でポケットに入っているもののボールが1番ピンに薄く当たったときに残るピンです。1番ピンに横からボールが当たることでピンアクションが変わります。


2番ピン8番ピン(インザダーク)の取り方のまとめ

  • フックボールで狙う
  • 2番ピンの右半分に投げる(ど真ん中狙い)


【ボウリング動画】2番ピン8番ピン(インザダーク)スペアの取り方


ボウリングの2番ピン8番ピン(インザダーク)スペアの取り方の解説動画です。映像でスペアを取るイメージをつかみましょう。


映像内容

  • 2番ピン8番ピンスペアを取る映像
  • 2番ピン8番ピンスペアを取る映像のスロー再生
  • 1投目の投球
  • 2投目の投球


ボウリングのスペア関連記事

ボウリングはスペアを取ることでスコアアップすることができます。ボールが曲がるようになってきたらスペアボールを検討する時期です。


ボウリングでスペアを攻略するならスペアボールを

ボウリングでフックボールを投げられるようになってきたら、スペアボールを検討する時期です。スペアボールは曲がりにくいボールです。1投目と2投目の投球をかえることなく、スペアを取りやすくする魔法のボールとも言えるでしょう。

スペアボールを持っていない間はハウスボール(お店のボール)をスペアボールのかわりにするのもひとつです。


ボウリングで指の皮がめくれない対策はボウリングテープで

ボウリングにハマりだすと、ついついたくさん投げてしまいます。親指の皮がめくれたら痛いので痛くなる前に対策しておきましょう。ボウリングテープは保護以外にも使うことがあります。中指と薬指をグリップさせることでボールの回転を強めることができるので、回転が上手くかからない人も試してみるといいでしょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました