【ボウリング】1番ピン2番ピンスペアの取り方

【ボウリング】1番ピン2番ピンの取り方スペア

ボウリング1番ピン2番ピンスペアの取り方の解説です。


ボウリングの1番ピン2番ピンのスペアの取り方

ボウリング1番ピンと2番ピンスペアの取り方を覚えましょう。

1番ピンと2番ピンは、ボールがポケット(1番ピン3番ピン)より薄く入ってしまったときに残るピンです。レーンが読めていないときに外側に膨らす投球をする癖がある人はゲーム序盤で残ることがあります。確実に取っておきたいスペアになりますのでしっかりと攻略しておきましょう。


1番ピン2番ピンスペアの難易度

ボウリング1番ピン2番ピンスペアの取り方
ボウリング1番ピン2番ピンスペアの難易度


ボウリングで1番ピン2番ピンのスペアはさほど難しい残り方ではありません。

1番ピンと2番ピンはボールだけで取ることができるスペアです。1番ピンに厚めのポケットコース(1番ピンの右側)にボールを当てて1番ピンが2番ピンに当たって倒す取り方もありますが、ボールで取れるスペアはボールで取るのが基本と覚えましょう。


1番ピン2番ピンスペアの狙い方

ボウリング1番ピン2番ピンスペアのコース
ボウリング1番ピン2番ピンスペアのコース


ボウリングの1番ピン2番ピンのスペアの狙い方は、ブルックリンと言われる「裏のストライクコース」を狙います。ピンの残り方に対し対角線上に移動してスペアを狙うことができる人なら、ポケットのコースに投げるときよりスパット(▲矢印)1個分右から投げるようにするとよいでしょう。

レーンが読めていないときはできるだけ曲がらないコースを投げるのがポイントです。レーンの外側はオイルが少なく曲がりやすいこともあるので、曲がりにくいレーンの真ん中をうまく使うコースを選ぶことでボールの曲がりを抑制できます。よく曲がるレーンで確実にスペアを取りたいならスペアボールで投げるのもいいでしょう。


1番ピン2番ピンスペアを取るコツ

ボウリング1番ピン2番ピンスペアの取り方
ボウリングで1番ピン2番ピンを取るコツ


ボウリングで1番ピン2番ピンのスペアを取るコツは、レーンの外側から曲がりにくいコースを選ぶことです。1番ピン2番ピンスペアを取るブルックリンコースは4番ピンを取るときにも使います。1番ピン2番ピンのスペアコースを投げられるようになっておきましょう。


【ボウリング】1番ピン2番ピンのスペアの取り方(まとめ)

ボウリング1番ピン2番ピンスペアの取り方のまとめです。

レーンが速い(曲がりにくいレーン)時に外側に失投したときに残る1番ピン2番ピンは、油断して1番ピンの右側に薄く当てすぎると2番ピンを取り損ねてしまうこともあるので、1番ピンと2番ピンの間を狙うことが大事です。

自分が思っているよりレーンが速く1投目でポケット(1番ピン3番ピンの間)に入らないときは、オイルの状況を知る意味でもスペアを取るときにボールの曲がり方を確認するようにしましょう。


ボウリング1番ピン2番ピンのスペア動画

【ボウリング】1番ピン2番ピンスペアの取り方【動画】


ボウリングで1番ピン2番ピンのスペアを取る動画です。

動画は、1番ピン2番ピンスペアを取る映像、1番ピン2番ピンスペアを取る映像のスロー再生、1番ピン2番ピンが残る1投目の投球、2投目の投球の構成になっています。

動画のレーンは、曲がりにくい速いレーンです。球速は30km/h以上で投げているため曲がりが小さくなっています。球速が遅い人はボールが曲がる可能性もあるためスペアボールでスペアを取ることも考えましょう。


ボウリングのスペアの関連記事

ボウリングでスコアアップを狙うならスペアを攻略することがひとつ目のポイントです。ボールが曲がるようになってきたら、2投目のスペアを確実に取るためにスペアボールを買うことを検討してみましょう。


スペアを攻略するならスペアボールがあると便利

ボウリングで200アップ(200点以上を出す)なら、スペアボールがあると便利です。1投目はフックボールで回転数と入射角度をつけることで破壊力のある投球をします。2投目は、確実にボールでピンを取るために曲がらない投球をすることができればミスを減らすことができるようになるでしょう。

スペアボールを選ぶときは、ハードタイプ(硬い)が曲がりにくいのでおすすめです。おすすめのスペアボールを紹介している記事がありますので興味がある人はチェックしてみてください。


ボウリングのおすすめのスペアボール


ボウリングテープで指を保護しよう

マイボールを持つとゲーム数が多くなりがちです。

上手くなりたいと何ゲームも投げるなら、ボウリングテープを買っておくことをおすすめします。特に、マイボールを投げている人は指に合ったボールを作っているので、投球ごとに指がこすれて皮がめくれてしまわないように注意しましょう。

ボウリングテープは、滑りやすいものから回転数を上げるために使うグリップ力が高いものもあります。あなたの目的に合ったボウリングテープを選ぶようにしましょう。実際に僕が使っているボウリングテープを紹介していますので、興味がある人は記事をチェックしてみてください。


ボウリングを長く楽しむためにはボウリングテープを使って指を保護しよう


コメント

タイトルとURLをコピーしました