【ボウリング】6番ピン10番ピンのスペアの取り方

【ボウリング】6番ピン10番ピンのスペアの取り方スペア
スポンサーリンク

ボウリング6番ピン10番ピンスペアの取り方を覚えよう。

右側に2本残る6番ピン10番ピンのスペアは、右利きボウラーには苦手なイメージ。でも、10番ピンが取れる幅より広いので、6番ピンを倒せばほぼ取れるスペア。

注意するのは、狙いすぎて10番ピンだけ倒してしまうこと。あまり狙いすぎず、肩の力を抜いて投げるのがおすすめだ。


【ボウリング】6番ピン10番ピンのスペアの取り方

ボウリングの6番ピン10番ピンのスペアの取り方(1)

ボウリングの6番ピン10番ピンスペアは、6番ピンと10番ピンの間を狙う

右利きボウラーは、6番ピンや10番ピンが残ることが多いので、スペアを取れるようにしっかりと練習しておきたい。


6番ピン10番ピンのスペアの難易度


6番ピンと10番ピンのスペアは、1本残っているピンを取るよりは難易度が上がる。

コースは10番ピンを1本狙うときより広い幅でスペアを取ることができる。10番ピンだけでなく、6番ピンが残っていることでレーンの右1/3に投球できれば高確率でスペアを取ることができるのだ。

あまりピンを狙いすぎると、10番ピンだけ取ってしまうコースを投げてしまうこともあるので、ピンを狙うより、スペアが取れるゾーンに投げる感覚を覚えよう。


6番ピン10番ピンのスペアの狙い方は2つ

6番ピン10番ピンのスペアの狙い方は2つ。

6番ピンと10番ピンの間を狙ってボールだけでピンを倒すコースと、6番ピンの左側にボールをあてて6番ピンを飛ばして10番ピンを取るコース。


6番ピンと10番ピンの間を狙うコース

【ボウリング】6番ピン10番ピンのスペアの取り方
【ボウリング】6番ピン10番ピンのスペアの取り方(1)


6番ピンと10番ピンの間に投球しよう。

【ボウリング動画】6番ピン10番ピンのスペアの取り方(1)

【ボウリング】6番ピン10番ピンのスペアの取り方(1)


6番ピンの左側に当てるコース

【ボウリング】6番ピン10番ピンのスペアの取り方(2)


6番ピンの左側に投球するコースは、ボールではなくピンを飛ばしてピンを取る。

ボウリングはできるだけ多くのピンをボールで倒すことが重要になるので、6番ピンと10番ピンの間に投球する方が確実にスペアを取ることができる。

失投して3番ピンの左側に当たってもスペアが取れるコースに投げておくとミスが減る。


6番ピン10ピンのスペアを取るコツ

6番ピンと10番ピンのスペアを取るコツは、ピンに対し対角線上に立ってしっかりと投球すること。6番ピンと10番ピンの間を狙うコースを投げられるようになっておこう。


6番ピン10番ピンのスペアの取り方(その他)の動画

【ボウリング】6-10(6番ピン10番ピン)のスペアの取り方(3)~スペアボール~ ※2023年6月10日公開


【ボウリング】6番ピン10番ピンのスペアの取り方(まとめ)


ボウリング6番ピン10番ピンスペアの取り方まとめ。

ボウリングの6番ピン10番ピンは、2つのコースでスペアを取ることができる。6番ピンと10番ピンの間に投げて確実にスペアを取りスコアアップを目指そう。


6番ピン10番ピンのスペアコース

  1. 6番ピンと10番ピンの間に投球するコース
  2. ボールを6番ピンの左側に当て6番ピンで10番ピンを取るコース

6番ピンと10番ピンの間のコースに投球できるようになると、10番ピンなどの1本を狙うスペアの攻略にもつながるので、しっかりと練習しておこう。


ボウリングのスペアの関連記事

ボウリンググッズの関連記事の紹介。


スペアを攻略するならスペアボール

ボウリングでスコアアップを狙うならスペアボールを持っておくことは重要。投球に変な癖がつかないうちにスペアボールを買っておこう。

スペアボールのおすすめのスペアボールは、ブルードットとスイープハード。どちらも曲がりにくいいいボール。迷ったときは、どちらかのボールを買っておこう。


ボウリングのスペアボールは好きなデザインのものを選ぼう


ボウリングテープで指を保護する

ボウリングで何ゲームも投げるなら、ボウリングテープを買っておこう。

ボウリングテープは、指の保護だけでなくグリップ力を高めるテープも販売されている。指の皮がめくれる前に、指をしっかり保護しておこう。


本格的にボウリングを始めるならボウリングテープは持っておこう



タイトルとURLをコピーしました