【ボウリング】1番2番4番8番ピン(スペア)の取り方

①②④⑧スペアの取り方 スペア

ボウリングの1番2番4番8番ピン(スペア)の取り方です。1番2番4番8番ピンは、1投目にヘッドピン(1番ピン)を外したときに残ピンです。


ボウリングの1番2番4番8番ピン(スペア)の難易度

ボウリング1番2番4番8番ピンスペア)の難易度は4本のピンが残っているため、1本残りよりも難易度は高いと思ってください。初心者の人は、たくさんピンが残っている方が狙いやすいと考えますが、ピンがたくさん残っているとスペアを取るのが難しくなります。


1番2番4番8番ピンのスペアは、1番ピンが残っているため1投目に投げるコースで取ることができる残り方です。狙い方は2パターンありますので参考にしてみてください。


ボウリングの1番2番4番8番ピン(スペア)の狙い方

ボウリング1番2番4番8番ピンスペア)の狙うポイントは、ボールで取れるピンをボールで取ることです。ピンアクションに頼らず、できるだけ多くのピンをボールで取ることを意識しましょう。1番、2番、4番、8番ピンのスペアの取り方は2つのコースがあります。


1番2番4番8番のスペアコース

  • ブルックリン(1番、2番ピンの間)に投げるコース
  • ポケット(1番、3番ピンの間)に投げるコース


ブルックリンのコースは青色のラインです。ポケットのコースは黄色のラインです。


1番2番4番8番ピンスペアの狙い方1

確実にスペアを取るのであれば、ブルックリンコースを投げるようにしましょう。ストレートボールの場合は、まっすぐ1番ピンと2番ピンの間を狙って投げることを意識します。この残り注意するのは、2番ピンの後ろにある8番ピンです。


1番2番4番8番ピンスペアの狙い方2

1番2番4番8番ピンのもう1つの取り方はポケットのコースです。 ブルックリンコースより、スペアの確率は下がりますがメリットもあります。 この取り方は、次の投球までにレーンの状況を掴みたいときに積極的に使うコースです。


1投目にヘッドピン(1番ピン)を外した原因がレーンコンディションを掴みきれていない場合は、ポケットのコースに投げてボールの軌道を確認するのも1つです。


ボウリングは少しでも早くレーンの状況を掴むことがスコアアップにつながります。そのときのご自分の状況で、投げるコースを変えてみましょう。


ボウリングの1番2番4番8番ピン(スペア)の取り方2の動画解説

ボウリング1番2番4番8番ピンスペア)を取る映像を確認してみましょう。映像は、1番と3番ピンの間のポケットコースを投げてスペアを取っています。


【ボウリング】1番2番4番8番ピン(スペア)の取り方2の動画


映像の通り、ポケットのコースに投げると、ピンアクションに頼らざるを得なくなります。確実にスペアを取りたい場合は、ブルックリンコースに投げるのが正解です。コントロールが安定しないときには有効なコースではあるので機会があれば試してみましょう。


うまく投げられないときはシンプルに考えることを意識しましょう。難易度の高いスペアを除いて、スペアを取るコースはそんなに多くありません。3か所ぐらいに投げることができれば、残りピンの大半はカバーできます。


動画の内容

  • 1番2番4番8番のスペアをポケットから取っている映像
  • 1番2番4番8番のスペアをポケットから取っている映像のスロー再生
  • 1投目の投球
  • 2投目の投球


動画で使用しているボール

動画で使用しているボールは、dv8PitbullBaller’sBestFriendです。ボールの説明は、以下の記事で書いていますので、参考にしてみてください。



動画で使用している靴

動画で使用した靴は、 (ハイ・スポーツ) ボウリングシューズ HS-390 ブラック・レッド 。靴の詳しい説明は、以下の記事で書いていますので参考にしてみてください。



ボウリングのスペアは経験値

ボウリングでスペアを取る確率を上げるのは経験です。ピンを飛ばして取る難易度の高いスプリット以外のスペアを確実に取ることが重要です。



初心者の間はノーヘッド(1投目に1番ピンを外す投球)が多いと思います。初心者の間に、いろんな残り方をしているピンの取り方を意識して投げましょう。中級者以上になったときに、その経験が役に立ちます。


ピンが複数残ったときは一番手前にあるキーピンを狙うことを忘れないようにしてください。一番手前のピンのどこに当てるのかを意識するだけでスペアの確率は上がります。


コメント

タイトルとURLをコピーしました