【ボウリング】1番ピン2番ピン4番ピンのスペアの取り方

【ボウリング】1番ピン2番ピン4番ピンのスペアの取り方スペア
スポンサーリンク

ボウリング1番ピン2番ピン4番ピンスペアの取り方の解説。

速いレーンで残りやすいピン。ブルックリン(裏ストライクコース)に投球してスペアを狙おう。


ボウリングの1番ピン2番ピン4番ピンのスペアの難易度

1投目でヘッドピンを外したときに残る1番ピン2番ピン4番ピン。

1投目でポケットを外しているのでピンが3本も残っている。1本を狙うスペアよりは難易度は高いものの、ブルックリン(1番ピンと2番ピンの間)やポケット(1番ピンと3番ピンの間)に投球することで取れるスペアなので狙いやすい。


ボウリングの1番ピン2番ピン4番ピンのスペアの狙い方

1番ピン2番ピン4番ピンのスペアをフックボールで狙う


ボウリング1番ピン2番ピン4番ピンスペアは、1投目に近いコースなのでフックボールで取りやすいスペア。レーンコンディションが読めていないときは、スペアボールで直線のラインで狙うのがおすすめだ。


1番ピン2番ピン4番ピンのスペアはブルックリンコースに投球する

スペアが取れるコースはブルックリン(1番ピンと2番ピンの間)とポケット(1番ピンと3番ピンの間)。ミスをしにくいコースはブルックリンコース。(上図のブルーライン)

ポケットでも取れるが、1番ピン以外がピンを飛ばして取るコースになるのでスペアの確率は下がる。

1番ピンと3番ピンの間を狙った場合4番ピンが残る可能性があるので注意。スペアを狙うときはボールで取れるピンはボールで取ることが大事。ピンを飛ばしてスペアを狙うよりも確実にボールで残っているピンを倒すようにしよう。


左に失投してしまうときはキーピンに投げる意識をもつ

初心者の人でピンの左に失投してしまうのは、真ん中より左側にたくさんピンがあるように見えるから。

スペアはキーピン(一番手前のピン)にボールを当てることが大事。ど真ん中のキーピン(1番ピン)の両サイドどちらかに当てれば取れるスペアなので、左を狙うというよりは真ん中あたりを狙うとうまくいく。


【ボウリング】1番ピン2番ピン4番ピンスペアの取り方【動画】

【ボウリング】1番ピン2番ピン4番ピンのスペアの取り方
  1. ブルックリンに投げて1番ピン2番ピン4番ピンのスペアを取る
  2. ポケットに投げて1番ピン2番ピン4番ピンのスペアを取る


ボウリング1番ピン2番ピン4番ピンスペアの取り方の動画解説。ブルックリン、ポケットともに動画を用意したので、2つのコースの動画を確認しておこう。


1番ピン2番ピン4番ピンのスペアの取り方1:1番ピンと2番ピンの間(ブルックリンコース)

1番ピンと2番ピンの間を狙うコースのスペア動画。



動画の内容(1番ピン2番ピンの間に投球する動画)

  1. 1番ピン2番ピン4番ピンのスペアを取る映像
  2. 1番2番4番のスペアを取る映像のスロー再生
  3. 1投目の投球
  4. 2投目の投球


<その他の動画>

【ボウリング】1番ピン2番ピン4番ピンのスペアの取り方4~フックボール~


1番ピン2番ピン4番ピンのスペアの取り方2:1番ピンと3番ピンの間(ポケットコース)

1番ピンと3番ピンの間を狙うコースのスペア動画。



動画の内容(1番ピンと3番ピンの間に投球する動画)

  1. 1番ピン2番ピン4番ピンを取る映像
  2. 1番ピン2番ピン4番ピンを取る映像の軌道スロー再生
  3. 1投目の投球
  4. 2投目の投球


動画で使用しているボール

動画で使用しているボールはdv8PitbullBaller’sBestFriend


ボールについて書いている記事はこちら>>【ボウリング】マイボールのDV8 PITBULL(Baller’s Best Friend)


動画で使用している靴

動画で使用したシューズは (ハイ・スポーツ) ボウリングシューズ HS-390 ブラック・レッド 。


はじめてのマイシューズの選び方はこちら>>はじめてのボウリングシューズの選び方


ボウリングのスペアはボールで取ることを意識する


ボウリングのスペアを狙うときのポイントは、できるだけボールでピンを倒すこと。

ピンでピンを飛ばすコースは、スペアが取れる幅が狭くなる。ピンでピンを取るため、ボールの当たる角度が変わるとピンの飛び方が変わるからだ。思っている方向にピンを飛ばす角度を意識して投球するとなるとスペアが取れるコースはせまくなる

ボウリングは腕もあるが理論のスポーツ。スペアの狙い方を知っているだけでスコアアップにつながる。取れるコースがいくつもあるときは、できるだけボールで倒すコースでスペアを狙おう。



タイトルとURLをコピーしました