【ボウリング】1番2番4番ピン(スペア)の取り方

1番2番4番のスペアスペア

ボウリングの1番2番4番ピンのスペアを攻略しましょう。


ボウリングの1番2番4番ピンスペアの難易度

1投目でヘッドピンを外したときに残る1番2番4番ピン。

1本の残りよりは難易度は高いと考えましょう。後ろにピンが残っていないため、1番2番4番ピンは、比較的取りやすいスペアです。積極的に狙っていきましょう。


ボウリングの1番2番4番ピンスペアの狙い方


ボウリング1番2番4番ピンスペアは、2つのコースがあります。図はフックボールですが、ストレートボールでも取りやすいスペアです。


安全なのはブルーのコースです。多くの初心者が左に失投してしまうのは左側にピンがあると思っているからです。ピンの残りに惑わされず、キーピンがどこにあるのかを意識します。1番2番4番ピンのキーピンは、1番ピンです。


キーピンがわからないときは、1番手前にあるピンがキーピンだと考えてください。1番ピンがキーピンなら、ストライクコース(ポケット、ブルックリン)で取れるスペアです。


1番2番4番の2つの狙い方


ボウリング1番2番4番ピンスペアを攻略する上で、ピンを倒すコースのパターンを知っておくことは重要です。


1番2番4番が倒せる2つの場所

  1. 1番ピンと2番ピンの間(ブルックリン)
  2. 1番ピンと3番ピンの間(ポケット)


確実にスペアを狙うなら、1番ピンと2番ピンの間を狙います。ボールだけで倒すことができるコースを選択することでスペアの確率を上げることができます。


1番ピンと3番ピンの間を狙った場合、4番ピンが残る可能性があるので注意が必要です。つまり、スペアを取れる幅が1番ピンと2番ピンの間を狙うより狭いのです。練習するときは、1番ピンと2番ピンの間を狙うようにしましょう。


【ボウリング】1番2番4番ピンスペアの取り方の動画

  1. 1番ピン2番ピン4番ピンのスペアの取り方1:1番ピンと2番ピンの間(ブルックリンコース)
  2. 1番ピン2番ピン4番ピンのスペアの取り方2:1番ピンと3番ピンの間(ポケットコース)


ボウリング1番2番4番ピンスペアの取り方を動画で解説しています。


1番ピン2番ピン4番ピンのスペアの取り方1:1番ピンと2番ピンの間(ブルックリンコース)

1番ピンと2番ピンの間を狙うコースのスペア動画です。



動画の内容(1番ピン2番ピンの間に投球する動画)

  1. 1番2番4番を取る映像
  2. 1番2番4番を取る映像の軌道スロー再生
  3. 1投目の投球
  4. 2投目の投球


1番ピン2番ピン4番ピンのスペアの取り方2:1番ピンと3番ピンの間(ポケットコース)

1番ピンと3番ピンの間を狙うコースのスペア動画です。


※2022年8月13日10:45公開

YouTube
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有


動画の内容(1番ピンと3番ピンの間に投球する動画)

  1. 1番2番4番を取る映像
  2. 1番2番4番を取る映像の軌道スロー再生
  3. 1投目の投球
  4. 2投目の投球


動画で使用しているボール

動画で使用しているボールは、dv8PitbullBaller’sBestFriendです。ボールの説明は、以下の記事で書いていますので、参考にしてみてください。



動画で使用している靴

動画で使用した靴は、 (ハイ・スポーツ) ボウリングシューズ HS-390 ブラック・レッド 。靴の詳しい説明は、以下の記事で書いていますので参考にしてみてください。



ボウリングのスペアはボールで取ることを意識する

bowlingpoint


ボウリングのスペアを狙うときのポイントは、できるだけボールでピンを倒すことです。ピンでピンを飛ばすコースは、ビリヤードのようにピンを当てる角度を考えなければなりません。ピンを思っている方向に飛ばそうと思えば、投げるコースは狭まり難易度は上がるのです。


ボウリングは腕もありますが、理論を知っているかでスコアは大きく変わります。スペアを狙うコツを覚え、スコアアップを目指しましょう。


コメント

タイトルとURLをコピーしました