【ボウリング動画4】グリークチャーチでも粘りの200アップ

【ボウリング動画4】グリークチャーチでも粘りの200アップボウリング映像
スポンサーリンク

ボウリング動画4は、グリークチャーチ(ビッグファイブ)が出る致命的なカウントダウンをしながらも200アップをする動画。

苦しいゲーム展開の中の200アップ動画になるので、200アップにあと1歩の人には参考になるはず。


グリークチャーチは入射角のきついフックボールで残りやすいピン


グリークチャーチはビッグファイブと言われている。

ボールがポケットに入っているのに5本もピンが残る上に、並行ピンのためスペアを取るのも難しいボウラー泣かせの残り方。

右利きボウラーなら、4番ピン6番ピン7番ピン9番ピン10番ピンの5本が残るスプリット。グリークチャーチは、スコアを大きく落とす上にスペアを取る難易度も高いスプリット。

普通に投球していたら見る機会のないグリークチャーチ。ピンの手前でボールを大きく曲げると残ることがあるやっかいな残り方だ。ポケットに対し入射角がきつく、3番ピン5番ピン8番ピンのラインをボールが抜けてしまうことで5本もピンが残ってしまうのだ。


グリークチャーチが出たときは引きずらないことを優先しよう

ポケットに入っているのに5本も残るグリークチャーチは、オープンフレームになるだけでなくカウントダウンも激しいのでスコアに大きく影響する。グリークチャーチが出たときは、次のフレームに引きずらず頭の中をリセットすることが大事だ。


【ボウリング動画4】グリークチャーチでも粘りの200アップ

ボウリング動画4は、200アップをする投球を観ることができる。

最終スコアは206。ヤッツィー(5回連続ストライク)を出しながらも苦戦を強いられたゲーム。グリークチャーチが出た後に1フレーム引きずってミスをしたことで206止まりになった。

※ボウリング動画4の最後はストライク集の映像を収録している



ボウリング動画4の投球解説

ボウリング動画4は、ストライクが多くてもミスをすればスコアが伸びないことがわかる動画。

200アップをするためには、ミスをした後の粘りも必要になる。ボウリング動画4で200アップできたのは、200アップをするためにマックススコアの逆算をして投球したから。目指すスコアからの逆算をしてゲームを組み立てる心理を学んでみよう。


ボウリング動画4から学んでほしいことは逆算して投球すること

ボウリング動画4は、ストライクが続いた後のグリークチャーチがターニングポイント

ヤッツィー(5回連続ストライク)のあとにグリークチャーチが出たことで、ゲームの展開が大きく変わった。

精神的なダメージとスコアダウンの大きいグリークチャーチ。

調子よく投げていたゲーム中盤で出たスプリットから、どのように逆算して200アップまで持ち込んだのかを解説する。学んでほしいことは、マックスのスコアを計算しながら投げるテクニックだ。


1フレーム

【1投目】

いきなり真ん中への失投からゲームスタート。6番ピン10番ピンが残った。


【2投目】

6番ピン10番のスペアはスペアボールを使って難なくクリア。


2フレーム

さっそく投球するコースを修正し、ポケットに放り込むストライク。1フレーム目の失投に対し、すぐにコースを修正している。


3フレーム

アウトスパット(外側に失投)したもののポケットに入ってストライク。

ラッキーストライクではなく、オイルの少ないレーンの外側を使ったハイスコアレーン特有のストライクコース。外側に失投したらオイルが切れたところから大きくポケットに曲がるコース。


4フレーム

3フレーム目の投球を修正し狙い通りのストライク。

ストライクが続いているときも、考え続けて微調整をすることが重要だ。


5フレーム

インスパット(内側に失投)。

ボールは1番ピンを大きく行き過ぎブルックリンストライク(1番ピンと2番ピンの間の裏ストライクコース)。


6フレーム

再び投球するコースを修正。狙い通りのストライクコースに戻す。


7フレーム

7フレーム目は、ボウリング動画4のゲームの流れが変わったフレーム。


【1投目】

ボールが1番ピンに厚めに入りグリークチャーチ。

4番ピン6番ピン7番ピン9番ピン10番ピンのスプリット。ストライクを続けていたので、カウントダウンが大きくなる。5フレームが135点に確定し5本のカウントダウンになった。


【2投目】

ピンを飛ばすためバックスイングを高くし投球するも3本を取る結果に。この時点で、6フレーム目の153点が確定。7フレーム目のグリークチャーチで9本のカウントダウンの結果になった。スコアの1の位がほぼ1周してしまったのは痛いところ。


8フレーム

8フレームの投球解説。


【1投目】

ボールをレーン手前で外側に出してしまったことで、レーンの外側を使いきれずボールが真ん中まで曲がって3番ピンが残る。


【2投目】

3番ピンのスペアは難易度の低いスペアなのに投球ミス。

スペアボールを使っているのに、アウトスパット(外側に失投)をしてしまう。ボールをレーン奥で曲げるコースを投げた時点でミスは確定だ。

ボウリング動画4は、ゲーム全体を通して失投の多いゲーム。8フレームが終了した時点でスコアの計算を始めた。8フレームで170点のため、9フレーム以降すべてストライクで230。ノーミスの投球で210点であることを計算していた。


9フレーム

9フレーム目は、ボウリング動画4の2回目のターニングポイント。3番ピンの攻略で200アップを確定させる重要なフレームになった。


【1投目】

1投目は投球修正できず再びど真ん中。先ほどスペアを取れなかった3番ピンが残る。


【2投目】

8フレーム目の投球の反省から曲がるボールで投球。

ボウリング動画4はアウトスパットが多いことと、レーンの外側が使えるので曲がるボールで曲げて取る判断をしている。

立ち位置は、1投目の投球時より左側に板5枚分移動して投げている。3番ピンは、『3番ピンの幅+ボール2個分』のスペースに投球すればスペアが取れる。200アップまであとがなくミスができないことと、僕の場合は曲げて取ることになれていたこともあり外に膨らすコースを選択した。


10フレーム

10フレーム目まで、レーンの奥の曲がりを攻略できないままゲームを終了する。


【1投目】

投球を微調整するも再びど真ん中。3回連続で3番ピンが残る。


【2投目】

9フレーム目で曲げて取る安全なコースを見つけていたため3番ピンはなんなくクリア。10フレーム2投目で200アップ確定


【3投目】

最後は、ポケットに薄めに投球しようとするも、最後までど真ん中に投球。

ボウリング動画4は、グリークチャーチ以降も最後までコースを修正できていないことがわかる。レーンコンディションは読めても投球が安定しないときは、失投してもスペアを取れる安全なコースを選択することが重要になる。


ボウリング動画4から学べることのまとめ

【ボウリング動画4】グリークチャーチでも粘りの200アップ

ボウリング動画4から学べることのまとめ。


ボウリング動画4のまとめ

  • 難易度の高いスプリットが取れなくても気持ちを切り替える
  • 投球が安定しないときはスペアが取りやすいコースを選択する
  • マックスのスコアから逆算して最後まで諦めない

ストライクとスプリットは紙一重。

ストライクが続いているときでポケットに厚めにボールが集まるときは気をつけよう。難易度の高いピンが残ったときは、あきらめず1本でも多く倒すことを考えよう。




タイトルとURLをコピーしました