【ボウリング動画4】グリークチャーチでも粘りの200アップ

ボウリング動画4グリークチャーチ ボウリング映像

ボウリング動画4は、ビッグファイブが出るという致命的なカウントダウンをしながらも200アップをする動画です。入射角度のきつい曲がるボールを投げる人は、ボールに角度がつきすぎて、ピンアクションが変わることで変な残りになるので気をつけておきましょう。


グリークチャーチとは

④⑥⑦⑨⑩グリークチャーチ


グリークチャーチとは、通称ビッグファイブのことです。右利きのボウラーなら、4番6番7番9番10番ピンの5本が残るスプリットです。グリークチャーチは、スコアを大きく落とす上にスペアを取る難易度も高いスプリットです。精神的なダメージは大きく、立ち直るまでの時間で最終スコアは大きく変わります。ボールの曲がりが大きい人でないとあまり残らない残りピンです。


ボウリング動画4グリークチャーチでも粘りの200アップ

1ゲームのフルプレイ動画を観ることができます。最終スコアは206フィフス(連続5回のストライク)を出しながらも206止まりで終わったのはやはりミスです。動画最後には、ストライク集の動画があります。



ボウリング動画4の投球解説

1ゲーム全体から、どのように200アップをしたのかを参考にしてみてください。


この動画から学んでほしいこと

動画4は、ストライクが続いた後のグリークチャーチがターニングポイントになります。グリークチャーチが出たことで、ゲームの展開が大きく変わります。


精神的なダメージとスコアダウンが大きいグリークチャーチ。中盤で出たスプリットから、どのように逆算して200アップまで持ち込んだのかを解説します。学んでほしいことは、マックスのスコアを常に計算して投げるテクニックです。


1フレーム

【1投目】

いきなり真ん中への失投からスタートです。6番、10番の残りです。


【2投目】

6番10番のスペアは、スペアボールを使って難なくクリアです。


2フレーム

さっそく、コースを修正し、ポケットに放り込むストライクです。1フレーム目の失投に対し、すぐにコースを修正しています。


3フレーム

結果ポケットに入ってストライクですが、外へ失投しています。オイルの少ない外側を使うことで曲がりが大きくなります。このあたりは、ハイスコアレーンの仕組みを知っている人の特権のコースです。


4フレーム

今度は、3フレーム目の投球を修正し、思い通りのストライクです。ストライクが続いているときも、常に考え続け微調整をしています。考え続けることが重要です。


5フレーム

今度は内への失投です。ブルックリンまで曲がってくれたことでストライクになります。


6フレーム

再びコースを修正し、狙い通りのストライクコースに戻します。


7フレーム

【1投目】

ここで1番ピンに厚めに入り、グリークチャーチです。4番6番7番9番10番ピンのスプリットです。ストライクを続けていたので、カウントダウンが大きくなります。5フレームが135点に確定し、5本のカウントダウンをしています。


【2投目】

バックスイングを高くし投球するも、3本のカバーになります。この時点で、6フレーム目も153点で確定します。7フレーム目のグリークチャーチで、9本のカウントダウンです。1の位がほぼ1周してしまいました。


8フレーム

【1投目】

手前で外側に出してしまったことで、ボールが真ん中まで曲がります。3番ピン残りです。


【2投目】

3番ピンの残りは難易度の低いスペアもまさかのミス。曲がり方が掴めていないため、スペアボールを使うも外側に失投です。このゲームは全体的に失投の多いゲームです。この時点で、スコアの計算をしています。8フレームで170点のため、ノーミスで210の計算です。マックスはこの時点で230。


9フレーム

【1投目】

投球修正できず、再びど真ん中まで曲がります。そして、先ほどミスをした3番ピンが残ります。


【2投目】

8フレーム目の投球の反省から、1投目のボールで投球。1投目よりも左側に板5枚分寄って投げています。3番ピンは、ピンの幅+ボール2個分のスペースに投球すればスペアが取れます。200アップまであとがないため、より安全なコースを使いました。


10フレーム

【1投目】

微調整するも、再びど真ん中へ投球。3回連続、3番ピンが残ります。


【2投目】

3番ピン残りは難なくカバーです。この時点で200アップは確定です。


【3投目】

最後までど真ん中に投球です。グリークチャーチ以降、最後までコースを修正できなていないことがわかると思います。後半苦しみながらも、スコア計算をして投球したことで、200アップに乗せています。崩れそうになったときは、マックス点を計算し逆算してみましょう。


まとめ

まとめ210111


ボウリング動画4から学べることをまとめておきます。


ボウリング動画4のまとめ

  • ストライクが続いているときこそ油断禁物
  • 難易度の高いスプリットが取れなくても気持ちを切り替える
  • マックスのスコアから逆算して最後まで諦めない


いい投球をしているときも少しの差でスプリットが出ることがあります。難易度の高いピンが残ったときも諦めずに1本でも多く倒しておきましょう。


ボウリング動画4で使用したボール

今回のゲームで使用したボールです。


1投目で使用しているボール


スペアボール


コメント

タイトルとURLをコピーしました