【ボウリング動画8】投球に集中することで疲れをカバーする

ボウリング映像

ボウリング動画8は、ゲーム数が増えて疲れてきたときの投球を見てみましょう。疲れたときに一気にスコアを落としてしまう人向けの動画です。ボウリング動画8を通じて、体の疲れを補う集中力を養ってみましょう。


ボウリングを楽しむコツの1つは、200upできるようになることです。200upでどや顔をするのも最初のうちだけです。すぐに200upが当たり前になってどや顔することもなくなります。


ボウリング動画は、200upのヒントを掴んでもらいたく始めた映像公開です。基本を学び、メンタルを強くすることでアベレージは安定します。ちゃんと練習すれば、200upが普通に出せるようになるので心配は無用です。


【ボウリング動画】投球に集中することで疲れをカバーする

今回のボウリング動画の投球は、失投も多い上にフォームも崩れています。それでもあえて、ボウリング動画の8つ目にこの動画を選んだのは理由があります。


ボウリングはメンタルのスポーツです。ゲーム数が多くなれば、球速が落ちることもあるでしょう。レーンの変化と自分の投げる球質の変化への対応が遅れればスコアにも影響します。


疲れてきたときに負担の小さいフォームに変更することを意識してみましょう。スコアを逆算して、ズルズル崩れないように心を強く持ってみましょう。


動画の見どころ

今回の動画の見どころは、フォームが崩れてもスコアを維持しているところです。動画では、インスパット(※)やアウトスパット(※)も多く、失投が目立ちます。

※インスパット:狙いより内側に投球すること

 アウトスパット:狙いより外側に投球すること


指の抜けも不安定で、とにかく不安定な投球が続いています。失投を予測して、安全な場所に投球することを意識することが重要です。


ボウリングは、300点からの減点方式のスコアの出し方です。ミスしにくい(スプリットになりにくい)場所に投球しておくことを意識しましょう。


【ボウリング動画】200upを目指す1ゲーム投球動画8


ボウリング動画8の投球解説

それでは、今回もボウリング動画8の全投球の解説をしていきます。1ゲームの中でも細かな修正をし、レーンを読むことを意識してみましょう。


1フレーム


疲れを意識していたため、しっかりと投げて思い通りのコースでストライクスタート。


2フレーム


スコアだけ見れば、ストライクが続いています。でも、実際は、内側に失投しており、ブルックリンでのストライクです。


3フレーム


またまた失投です。ボールを離す瞬間に親指で握ってしまい、内側に失投です。再び、ブリックリンでのストライク。


4フレーム


1投目

3フレーム目で親指の抜けが悪かったので、ボールを離すことを意識します。ブルックリンコースへの投球も修正します。修正が甘く、1番ピンの正面にボールが吸い込まれる結果になりました。


2投目

3番ピンを残していますが、スペアボールで確実に狙います。今度は、外側に失投です。安全なコースを使ってのでスペアでカバーしました。


5フレーム


リリースする位置を低くし、1フレーム目と同じコースに投球します。狙い通りに投げられた投球でストライク


6フレーム


1投目

再び、指の抜けが悪そうだったので、ボールを離すように投球。内側への失投で、再び1番ピンの真ん中あたりにボールが吸い込まれます。今回は、ベイビースプリットになります。


2投目

スペアボールを使用します。外側に投球してしまったことで、10番ピンだけを取る形になりました。


7フレーム


狙いよりは、少し1番ピンに厚めに入りますが、ポケットでのストライクです。


8フレーム


1投目

7フレーム目が思っていたより1番ピンまで食い込んだため、コースを修正。今度は1番ピンに薄く入りすぎます。思っているより厚めに入る場合は、修正しておくほうが無難です。後半になればスコアを計算して、確実に200upができる投球を意識しましょう。


2投目

普段は、1投目の曲がるボールを使用しますが、今回はスペアボールを選択。1投目の投球が不安定のため、確実にスペアを取るための選択です。2番、4番、5番ピンの残りであれば、コースだけで取ることができる残りです。


2番4番5番8番のバケットが残った場合はどうする?

2番、4番、5番に加え、8番ピンが残った場合は、注意が必要です。バケットと呼ばれるこの残りは、2番ピンの後ろに8番ピンがあります。縦2本の残りは、フックボールの方が取りやすい残りになります。


9フレーム


ほぼ狙い通りのストライクです。コースを変更して、レーンの速い場所を使うことにしました。球速を安定させることができれば、コースの選択肢は広がります。

10フレーム


1投目

9フレームと同じコースを投球するはずが内側に失投します。再びブルックリンでのストライクになります。


2投目


再び9フレームと同じコースを狙います。狙いよりは少し厚めですが、ポケットでのストライクです。厚めでストライクを出しやすくするには、前に押し出すことを意識しましょう。


3投目


最後の投球は、再びインスパットです。6フレーム目とほぼ同じコースに投球してしまいました。


ボウリング動画8のまとめ

ボウリング動画8から学ぶことをまとめておきます。


疲れに対応する投球のコツ

  • 自分のフォームが崩れ始めたことに気づく
  • 1ゲームに集中する
  • 回転数よりも球速が落ちないことを意識する
  • 負担の少ない回転のかけ方に変更する
  • スコアを逆算して最低限のスコアを確保する


フォームが崩れていることに気づけば、投球コースを変更するなど対応できます。ある程度投げている人なら、ボールの回転は比較的安定しています。不安定な投球のときは、球速を安定させることを意識しましょう。


ゲーム数をこなすためのボウラー必需品

ボウラーの役に立つ便利な道具をご紹介します。


ボウリングテープ

親指を保護するボウリングテープはボウラーの必需品です。練習熱心でたくさん投げる人は準備しておきましょう。



リスタイ

手首を補助することで、ゲーム数を投げても疲れにくくなります。リスタイをチェックしてみましょう。



ボウリング動画8で使用したボール

最後に、今回の動画で使用したボールをご紹介します。


1投目のボール

1投目の投球は、ブランズウィックのキングピンSEです。


スペアボール

動画8で使用したボールは、Sweep Hardです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました