【ボウリング】スペアを増やすコツは1本を確実に取ること

スペア

ボウリングでスペアを増やすコツは1本残ったときにスペアを取ることです。ボウリングでいいスコアを出すためには、スペアを取ることができるかが重要です。1投目で9本を倒したときはスペアチャンスです。スペアは1本残っているピンを取るのが一番簡単です。まずは、1本残ったピンを倒してスペアを取ってみましょう。


ボウリングでスペアを増やすコツ

  • 1本残ったら確実にスペアを取る
  • 5番ピンを攻略する
  • 7番ピンと10番ピンを攻略する


ボウリングでスペアを増やすコツは1本残ったら確実にスペアを取る


ボウリングスペアを増やすコツ1つ目は、『1本残ったら確実にスペアを取ること』です。


「1投目でストライクだと思ったら9本しか倒れなかった」と悔しい思いをすることがあると思いますが、1投目で9本倒すことで「スペアチャンスが到来した」と気持ちを入れ替えましょう。


1本だけを狙うスペアの難易度は低い?!

スプリットを除けば、2投目に残っているピンが少ないほどスペアチャンスです。残っているピンが少ないと狙いにくいと考える人がいますが、実際は残っているピンは少ないほうがスペアを取るのは簡単です。


上の絵を見ると、ピン1本分の幅+ボール2個分の幅に投げることができたらスペアを取れることがわかります。レーンの1/3の幅に狙って投げることができれば1本残っているスペアの大半を取ることができるのです。


ボウリングでスペアを増やすコツは5番ピンを攻略する

ボウリングスペアを増やすコツ2つ目は、『5番ピンを攻略すること』です。5番ピン1本が残ったときはスペアチャンスです。


初心者ほど5番ピンがよく残る?!

ボウリングでスペアを増やすコツは5番ピンを攻略することです。初心者の間は5番ピンがよく残ります。5番ピンはスペアの難易度も低いので、5番ピンが残ったときに確実にスペアを取ることでスコアを伸ばすことができるのでぜひ攻略しましょう。


5番ピンが残る理由

  • ブルックリンのコースに投げた
  • レーンが速い
  • 球が弱い(入射角度が浅い、回転が少ないなど)


5番ピンの狙い方

  • レーンの真ん中あたりを狙う
  • 1投目と同じコースを投げる
  • ブルックリンのコースを投げる


5番ピンを取るコツは、ど真ん中にある5番ピン1本を狙わないことです。狙いすぎず、レーンの真ん中あたりに投げておけば取れるスペアだと考えるようにしましょう。


1本を狙いに行くとどうしても肩に力が入ります。5番ピンは、ピン1本+ボール2個分の幅に投げておけば取れるスペアだと気持ちを楽にして投げるとうまくスペアが取れるようになります。1本残ったピンを取るのに、板何枚目、何番スパットなどシビアに考える必要はありません。スペアを増やすコツは難しく考えないことなのです。


【ボウリング動画】5番ピンの取り方


5番ピンの取り方を詳しく知りたい人はこちら


ボウリングのスペアを増やすコツは7番ピンと10番ピンを攻略する

ボウリング7番ピンの難易度が高い理由


ボウリングスペアを増やすコツ3つ目は、『7番ピンと10番ピンを攻略すること』です。1つ目のコツで、『1本残ったら確実にスペアを取る』と書いていますが、7番ピンと10番ピンは他のピンと違い難易度が上がります。


他のピンと違い、7番ピンと10番ピンは両端にあるピンのため、ピン1本分の幅+ボール1個分の幅の間に投げなければ取れません。片側がガターのためボール1個分スペアを取れる幅が狭くなるのです。


スペアを取れる幅が狭い7番ピンと10番ピンは難易度が高い残り方です。でも、7番ピンと10番ピンは調子がいいとき(ストライクになりそうでならないとき)に残りやすいピンでもあります、スコアを伸ばすためには攻略しておく必要があります。

【ボウリング動画】7番ピンの取り方


7番ピンはピン1本分の幅+ボール1個分の幅の間に投げなければなりません。7番ピンを狙うときは、ピンに対して対角線上から投げてみましょう。


7番ピンの取り方を詳しく知りたい人はこちら


1本のスペアで1番難しいのは10番ピン


1本を狙うスペアで一番難しいのは10番ピンです。右利きのボウラーの大半は、フックボールかカーブボールを投げます。フックボールやカーブボールは、左側にボールが曲がっていくため、ピンの右側がガターの10番ピンの難易度が高くなります。ボールが曲がってしまう場合は、スペアボールを使うなどの対策をしていきましょう。


【ボウリング動画】10番ピンの取り方


10番ピンのスペアを狙うときはレーンを広く使うことを意識しましょう。ボールがレーンの真ん中を通過できるようレーンの左側から10番ピンの方向を向いて投げるようにしてください。10番ピンの対角線上から投げると覚えておきましょう。


ボウリング動画『10番ピンの取り方』は、曲がりにくいスペアボールを使っていますがボールが少し左に曲がっています。1投目に投げる『曲がるボール』で10番ピンを取ろうと思うと難易度はさらに上がります。


10番ピンの取り方を詳しく知りたい人はこちら



ボウリングでスペアを増やすコツは簡単なスペアを確実に取ること

まとめ210111


ボウリングでスペアを増やすコツは、取れるスペアを確実に取ることです。取れるスペアを確実に取ることは、イージーミスを減らすことです。ピンに対し対角線上に立つようにしてレーンを広く使うことを心がけてみましょう。


1本のスペアを狙うときに意識しておくこと

  • 1本を狙うときはピンの幅+ボール2個分の幅に投げれば取ることができる
  • ピンを狙うのではなくレーンの幅1/3ぐらいのゾーンで狙う
  • 1本残りで難しいのは7番と10番のみ
  • 5番ピンは最大のスペアチャンス
  • レーンを広く使うためにピンと対角線上から投げる


合わせて読みたいスペアに関する記事



コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました